17年 釣りシーズン開幕  - ちょっと炙(あぶ)ってみよう -

2017年、釣りシーズン開幕です。

ここ4ヶ月間、週末をダラダラし続けたせいで、
朝も身体もヘロヘロです。

「安心・安全・頑張らない」
釣り場に向かいます。(笑)


早朝 4:40分 起床。 (頑張らない)

前日に準備しておいた釣り道具を持って、
さっさと車に乗り込みます。

5時30分 釣り場到着。
いつもの常滑テトラ。

釣り人が数名。
挨拶をして、あいている場所からスタートします。
さてと、釣れますか?

1704穴釣り 005

本日の潮回りは、中潮。
満潮時刻は、7時15分頃です。

残念ながら、穴は見えません。(過去ブログ
こまめに仕掛けを動かして、穴を探しましょう。

久しぶりにテトラの上を歩いてみると、

いや~、怖い!

よくこんなところで釣りしてるわ。

という訳で、
腰を落としながら、ゆっくりと移動します。(安心・安全)

穴を探して数投目、
パクッとエサを咥えた反応あり。

ゆっくりと糸にテンションを張り、そのままじっと待ちます。

ビビビンッ!!

バシッ! っと。

1704穴釣り 007

今年初めての釣果。

1704穴釣り 010

ムラソイ、15センチ。

1匹釣ってしまえば、後はもう慣れたものです。
淡々と釣っていきます。

1704穴釣り 017

ムラソイ。

1704穴釣り 025

ムラソイ。

結局、10時半まで頑張ってしまいました。(笑)
で、釣果です↓

1704穴釣り 028

カサゴ 2匹
ムラソイ 28匹。

中潮、晴れ、満潮時間(7時15分)、
釣り時間 5時間(5時半~10時半) でした。


家に戻り、魚をさばきます。

これがツライ。(笑)

30匹もさばいていると、
普通に仕出し屋さんでバイトしているのと変わりません。

但し、今回30匹もさばいているのには理由があります。
これ↓

1704穴釣り 031
ニチネン トーチバーナー お料理用 KT-402R

以前から、釣った魚を炙ってみたかったのです。(笑)
そうすれば、皮を取る作業もなくなりますし。

作業開始から2時間。

1704穴釣り 032

ムラソイ、カサゴの炙り刺身

食べてみた。


【家族の感想】

皮がない方がいいんだけど。

そんなこと言うなよ。(涙)


【私の感想】

確かに、 皮が噛み切りにくくて食べずらい。
だけど皮は香ばしくて、
淡白な魚の身に、魚の旨味がついてくる感じ。


【結論】

皮は取りましょう。(笑)

炙るのは、もっと脂ののった魚がよいみたいです。

根魚のような淡白な魚、綺麗な味の魚には、
炙ってしまうと、その良さが消えてしまいます。


炙った魚にオリーブオイルをかけて、
カルパッチョにしてみたらどうだろう?

次回やってみます。
たぶん。

関連記事

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 穴釣り ムラソイ 炙り

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する