スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

知多四国八十八ヶ所めぐり - 師崎 → 篠島 -

私、愛知県民でありながら、
行ったことのない場所が多々あります。

今回、知多四国八十八ヶ所めぐりのルートである
篠島→日間賀島もその1つです。

地図でいう、ここら辺です↓

知多四国八十八 地図

知多半島の最南端である師崎港からフェリーで渡ります。

1702篠島日間賀島 002

知多半島道路を真っ直ぐ南下すると、
師崎港に突き当たります。

今回、島から島を渡る一大イベントであるため、
家族全員同伴させました。

若干、緊張しています。(笑)

1702篠島日間賀島 004

師崎港フェリー乗り場。

ターミナルでチケットを買っていると、
受付のスタッフさんが、

(ス) 「篠島と日間賀島の両方に行かれる場合は、
     船の予定表をよく見ておいて下さいね。」
(私) 「え?」
(ス) 「2時間くらい船がないこともありますよ。」

だそうです。

このスタッフさんの忠告を甘くみて、
のちのち苦しむことになります。(笑)

1702篠島日間賀島 010

名鉄高速フェリー。
11時30分、師崎港から篠島に向け出発。

1702篠島日間賀島 017

思ったよりも速い。
確かに高速と名が付くだけのことはある。

1702篠島日間賀島 018

約10分で篠島に到着。

「ようこそ篠島へ」

1702篠島日間賀島 020

巨大な鯛がお出迎え。
この前で、家族そろって記念撮影しています。

なにせ一大イベントですから。(笑)

さてと、お寺参りに行きますか。

1702篠島日間賀島 023

漁民の町。
民宿の街。

特有の香りがします。
ある意味、カルチャーショックです。

面白い。(笑)


お寺を探しながらぶらぶらと歩いていたら、
先にお遍路をしていた方とすれ違いました。
「こんにちは。」と軽く挨拶したら、

「お遍路ですか?」
「そうです。 これから回ります。」

「 正法寺に行くの?」
「そうです。」

「ここね、道に迷うよ。」
「そうなんですか?」

お遍路している方って皆さん優しいです。
一緒にいた年配者の方が、道順を教えてくれました。

「この道を真っ直ぐ行くと、フードショップが見えるから。」

1702篠島日間賀島 077

見えた。(笑)

「そのお店の隣を左に曲がって道を登ると、案内看板があるよ。」

1702篠島日間賀島 079

おっと、
左に曲がる道が二股に分かれているんですけど。

どっち? (笑)

勘に頼り、
フードショップ アイランドのすぐ隣の道を選択しました。

左に曲がって真っ直ぐ進みます。
すると、

1702篠島日間賀島 028

海に出た。(笑)

見事にハズレ。
戻りますか。

もう1回、フードショップ アイランドまで戻って、
二股のもう一方の道を歩いてみました。

1702篠島日間賀島 026

案内看板って、これ?
「三河丸⇒」って書いてあるんですけど。

三河丸に向かってみました。(笑)

1702篠島日間賀島 030

あった。
正法禅寺

真っ直ぐだって。

三河丸、正解! (笑)

この島、面白い。

1702篠島日間賀島 031

迷宮ゲームしているみたいです。

1702篠島日間賀島 032

楽しい。(笑)

1702篠島日間賀島 033

あああ、ゴールが見えちゃった。
淋しい。(笑)


38番札所 正法寺 (篠島)

1702篠島日間賀島 034

到着。

1702篠島日間賀島 035

本堂。

1702篠島日間賀島 037

大師堂。

1702篠島日間賀島 042

指定文化財の梵鐘(ばんしょう) ↓

1702篠島日間賀島 041

以前 篠島は、伊勢の国 に属していたのではないかと、
梵鐘に刻まれている文字で解ったんだそうです。

勉強になるなあ。(笑)

という訳で、続きは次回。
ではでは。

関連記事

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 知多四国八十八ヶ所めぐり 正法寺 篠島 日間賀島 迷宮

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。