知多四国八十八ヶ所めぐり - 南知多町編 ① -

今回は、知多四国八十八ヶ所めぐり 南知多町編です。
地図でいう、ここら辺です↓

地図知多四国八十八 南知多町

やっと、知多半島 最南端まで来ました。

夏場は、黒鯛の落とし込みで毎週 来ています。(笑)

それでは、前回の続きから。

第29番札所 正法(しょうぼう)寺 (南知多町)

1702八十八ヶ所 036

山門。

何か、塔らしきものが見えます。

1702八十八ヶ所 033

多宝塔と呼ぶらしいです。
さらに、巨大な観音像まで。

1702八十八ヶ所 041

本堂と、そのお隣に↓

1702八十八ヶ所 040

弘法大師像。

1702八十八ヶ所 044

大師堂。

1702八十八ヶ所 038

うん、もうお腹いっぱいです。(笑)

ちなみに、厄除大観音像です。
厄年の方は、是非お参りを。

私は、後厄です。(笑)

この正法寺、とても歴史の古いお寺なのですが、
20年ほど前に火災で大師堂と多宝塔が全焼したんだそうです。

お寺も厄除けが必要だったのでしょう。
それが理由で大観音像?

お腹いっぱいと思った私が、とっても恥ずかしくなりました。

気持ちを改め、

ありがたいなあ。(笑)

1702八十八ヶ所 045

境内の梅が、とてもいい香りをさせていました。

ありがたいなあ。(笑)


では、次のお参り。

30番~34番札所は、大井漁港のすぐ近くにあり、
ほぼ連(つら)なって建っています。

そしてこの場所こそが、
実際に弘法大師が上陸した聖地なのです。


第30番札所 医王寺 (南知多町)

1702八十八ヶ所 088

なぜか淋しい感じ。

1702八十八ヶ所 090

本堂の中央が薬師如来を祀り、

1702八十八ヶ所 091

右手に、千手観音。

1702八十八ヶ所 093

左手が、大師堂。

飾りっけなし。
うん、やっぱり淋しい。


第31番札所 利生院 (南知多町)

1702八十八ヶ所 076

山門。

1702八十八ヶ所 077

あら、可愛い。(笑)

癒されます。

1702八十八ヶ所 082

本堂。
本尊は不動明王とのこと。

1702八十八ヶ所 086

要約すると、弘法大師が不動明王を念じると、
不動明王が表われ、荒れ狂う波と風を切り裂いたんだそうです。

さすがです! (笑)

1702八十八ヶ所 081

大師堂。


第32番札所 宝乗(ほうじょう)院 (南知多町)

1702八十八ヶ所 065

山門。

1702八十八ヶ所 068

本堂。

1702八十八ヶ所 069

大師堂。

1702八十八ヶ所 070

大黒天。

1702八十八ヶ所 073

金比羅大権現。
漁師の町、海上安全の守り神だそうです。


第33番札所 北室(きたむろ)院 (南知多町)

1702八十八ヶ所 051

山門。
山門の両脇に、仁王像が祀られています。

あ、うん。 ← これが言いたかっただけです。(笑)

1702八十八ヶ所 057

本堂。

1702八十八ヶ所 056

大師堂。

1702八十八ヶ所 059

仏手石。
何かあるかと思い、手を置いてみた。

1702八十八ヶ所 060

灌仏(かんぶつ)。
何かあるかと思い、水をかけてみた。(笑)


第34番札所 性慶(しょうけい)院 (南知多町)

1702八十八ヶ所 121

山門。

1702八十八ヶ所 125

山門の隣にあるお言葉が、味わい深い。

「心にともしびあれば 命にひかりあり」

山門からのびる夕日に照らされて、
なぜか心に染みます。(笑)

1702八十八ヶ所 128

大師堂。

1702八十八ヶ所 129

福寿稲荷大明神。

賭け事にご利益があるそうです。

堂の前にある「おきつねさん」の石像の顔が、
賭け事に心を奪われた参拝者によって、
がっつり削られていました。

可哀想に。

バチが当たっちゃうよ。(笑)


ではでは。

関連記事

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 正法(しょうぼう)寺 医王寺 利生院 宝乗(ほうじょう) 北室(きたむろ)院 性慶(しょうけい)院

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する