風と風邪と寝坊  - イガイ飼育器を作ってみました -

すみません、しばらく眠っていました。
久しぶりにブログを見たら、変な広告が出ていました。

このブログで解消します。(笑)


さて、ゴールデンウィークから約1ヶ月、

釣りに行こうと思っては、風邪を引き、
釣りに行こうと思っては、強風で仕切りなおし、
釣りに行こうと思っては、寝坊して落ち込む。

と、散々な1ヶ月を過ごしておりました。

実際、この1ヶ月の記憶が定かでありません。
何かしたような、何もしていないような、
う~ん、何をしてたんだ? (笑)

ブログのネタを探していたら出てきました。
洗濯機の横から。(笑)

その名も、「イガイ飼育器」

この1ヶ月間の唯一の成果です。

とは言っても、イガイの生存率は、
1週間で 70%くらい、2週間で 50%くらいなので、
あまり役に立つかどうかは分かりませんが、ご紹介します。

まず用意したのが、
100均で買ってきた同サイズの虫箱 3つ。
 ※ ちなみに、100円では買えません。
あとは、循環ポンプ、板、針金、パイプ、冷却ファンです。

まず、虫箱 2つの底に2~3mmくらいの穴を全体的にあけます。

1706イガイ飼育 020

こんな感じ。

右側の中心に 1センチくらいの穴が1つあいています。
その理由は後ほど。

さらに左側面に付いているのは、水温計です。

1706イガイ飼育 023
きんぎょの水温計 ブルー 水槽用

イガイは、水温29度以上で死んでしまうそうです。

今回、虫箱を3つ使って 3層の循環器を作ります。
一番下の箱は、穴を開けていない虫箱を使い、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 030
Aukru 小型 水中ポンプ

2層目は、穴のあいた虫箱にイガイを入れ、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 027

3層目までポンプの水を持ってくるようにすると、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 042

一番下の層に海水を貯め、ポンプで一番上の層まで汲み上げます。
一番上の層と、2番目の層の底に穴が開いているため、
そこを通って、海水が一番下まで落ちます。

イガイは2番目の層で飼育します。

1706イガイ飼育 038

ポンプに付けたパイプの先端に、板を針金で取り付けています。
これがないと、海水が箱の外へ溢れ出てしまいます。

そして、フタに冷却ファンを取り付けます。

1706イガイ飼育 043
テトラ クールファン CF-30 NEW

最後に人工海水を作って、

1706イガイ飼育 050
テトラ マリンソルトプロ 100L用

ポンプで循環させれば完成。

1706イガイ飼育 047

今回作ったイガイ飼育器の下に少し見えていますが、
カニも同じような方法で飼育しています。

こちらは、1週間に2回の水替えで何ヶ月も生きています。

で最初にも書きましたが、イガイ飼育器の成果は、
毎日の水替えで、1週間で 70%くらい、
2週間で 50%くらいの生存率です。

非常に難しいです。

一匹でも貝が死ぬと、海水が茶色く濁り、
それが理由で他の貝も死んでしまいます。

なので、
毎日の水替えは必須です。(涙)


イガイ飼育器を作り始めようとしたきっかけは、
釣具店で買ったイガイのダンゴが余ってしまい、
せめて1週間は生かそうと思ったのです。

ところがどっこい、
イガイってとっても繊細なんです。

え~、意外! ( ※ はい、オヤジです。)


温度に弱いし、呼吸はするし、海水の汚れに敏感だし、
色々、面倒くさいです。

という事を、実は解っていたんです。

何年か前に、イガイの飼育に失敗していますし。
冷蔵庫がエライことになりました。
(※ イガイって死ぬと臭いんです。涙)

まあ、今回の飼育器は、
1週間限定のイガイ生存機と言うところでしょうか。

という訳で、2週間生かしたイガイを連れて、
今週、黒鯛チャレンジに出掛けてきます。

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : イガイ 飼育機 一週間 限定 繊細 難しい

ホームグラウンドで黒鯛チャレンジ  - どうしても釣りたくて -

ゴールデンウィークに坊主を連発したせいで、
満を持しての黒鯛チャレンジです。

6月上旬、潮回りは大潮、
場所は知多半島先端テトラ。
我がホームグラウンド。

安全パイを選びました。
なぜなら、

負けられない戦いがそこにある! (笑)


早朝 2:30起床。  ※ 寝坊しません。
釣り場到着 3:50  ※ 気合入ってます。
釣り開始 4:10  ※ 糸が見えません。

ファ~ン!

170611黒鯛チャレンジ 052

やや濁り。
釣れそうな感じあり。

前回ブログで生かしておいたイガイで丁寧に探ります。

1投目、2投目、3投目、
10投目、20投目、、、
100投目、、、

アタリなし。

いつものヤっちまった感が頭をよぎります。
ふっと、ブログ用の写真を消去している自分の姿が、、、(笑)

いかん、いかん!
まだ諦めてはいかんのだ!

自分を叱咤しながら、エサをカニに変えます。
これで釣れなかったら、今日の記憶を消去しよう。(笑)

1投目、2投目、3投目、
10投目、20投目、、、

モゾモゾ?

はっ!
もしや!? (※ この瞬間、0.2秒)

バシッッッ!!!

久々の鬼アワセ。

ピーンと張る糸、前後左右に逃げ回る魚体。
もたもたする私。(笑)

この感覚、久しぶり。
タモ入れまで無事に済んで、ふ~っと一息。

170611黒鯛チャレンジ 055

今年初
パチパチパチ

例年と同じ時期なのに、とてつもなく長かった。

来年は、6月スタートにします。(笑)

さてと、感傷に浸っている場合じゃありません。
早くしないと地合が去ってしまう。

1投目、2投目、3投目、
10投目、20投目、、、
100投目、、、

だあ~!

やっぱり居ないんじゃないの?

9時半まで粘りましたが、結局 この1匹だけ。
気になって海に手を突っ込んでみました。

冷た!
アカン、まだ海眠ってるわ。

さらにテトラの先まで降りてイガイ状況を観察してみたら、
例年ならイガイのツブがびっしりついているはずなのに、
欠片も見えない。

う~ん、キビシイ。

もしかしたら名古屋港の方が釣れているんじゃないの?
と思い、四日市 霞沖堤の渡船ブログを確認してみました。

「本日撃沈状況❗」

ヨシ! 安心した。
ほとんど釣れてない。(笑)


という訳で、釣果です。

170611黒鯛チャレンジ 057

ムラソイ 3匹。
黒鯛 1匹。

いつもの潮回り↓

170611黒鯛チャレンジ 05

大潮、曇り、やや濁り、満潮時間 6時頃、
釣り時間 5時間(4時半~9時半)でした。

お疲れ様でした。
いや、本当に疲れた。

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 今年初 海眠ってる キビシイ 疲れた

’17年 みどりさんのバースデー  - カルボナーラと、ピッカータ -

さて今年もやってまいりました、妻みどりさんの誕生日。
ここ何年か同じ質問。

「何が食べたい?」 (過去ブログ

「美味しいもの

この回答、去年と同じ。
成長しなさいよ。(笑)

「じゃ、考えといて。」
「ほい。」


で、2日後、

「美味しい、カルボナーラが食べたい。」
「それだけでいいの?」

「あとは、任せますわ。」
「ほい。」

てな訳で、いつものレシピ本↓を開きます。

16パパママ誕生日07
基本のイタリアン

カルボナーラは 以前に何度か作ったことがあるので、
たぶん問題ないでしょう。

あともう1品を何にするのか少し悩みました。
どうせなら、初めて食べる料理を作ってみたい。

上のレシピ本をパラパラとめくっていたら、
「お?」 っという料理を発見。

じゃ、作っていきましょうか。
その名も、「ピッカータ」

材料は、① 豚肉のヒレ肉。

1706誕生日 002

叩いて伸ばして、お肉の準備完了。

1706誕生日 003

② 赤ワイン

1706誕生日 015

一番安かったワインを買ってきたんですけど、
普通に美味い!

あやうく、飲み干すところでした。(笑)

赤ワインを鍋に入れ、グツグツと1/3の量になるまで煮立てます。

1706誕生日 010

③ デミグラスソース

1706誕生日 012

レシピ本を見たとき、このデミグラスソースに惹かれました。
なんか、特別な感じがするんですよね。(笑)

このデミグラスソースを先程の赤ワインに足して、
さらに煮込みます。

1706誕生日 014


④ 生クリーム

1706誕生日 020

たった200mlしか入っていないのに、1箱 390円。
カルボナーラ(5人分)も合わせ、4箱買いました。

合計、1600円!

うう、高いなあ~。

と思いながら、煮立っている鍋に入れます。

1706誕生日 018

あとは、塩で味を調整してソース完成。

⑤ 卵、薄力粉

1706誕生日 025

準備しておいた①の豚肉に塩コショウ、薄力粉をふり、
といだ卵の中に通して、フライパンで焼きます。

1706誕生日 031

こんがり両面が焼けたら、お皿に盛り付け。

1706誕生日 030

そこに、完成していたソースをかけて、
イタリアンパセリをのせたら完成。

1706誕生日 034

案外、簡単だった。(笑)
食べた感想は、のちほど。


お次は、「カルボナーラ」
作るのは久しぶり。

ぱぱっと作ってしまいましょう。

材料は、① ベーコン

1706誕生日 006

オリーブオイルを大目に入れたフライパンで炒めます。

1706誕生日 008

オリーブオイルに味がうつったら、ベーコンを取り出します。

② 玉ねぎ

1706誕生日 037

フライパンに残ったオリーブオイルで玉ねぎを炒めます。

③ 生クリーム

1706誕生日 020

④ 卵 (※ 但し、卵黄のみ使用)

1706誕生日 022

生クリームと卵黄を混ぜておき、一旦準備完了。

さて、パスタを茹でていきますか。
・・・6分後、

バタバタバタ、ガチャガチャガチャ!

要は、全部混ぜればいいのです。
卵が固まる前に。(笑)

とても、忙しいのです。
1分後、

1706誕生日 041

はい、完成。(笑)

それでは、

「いっただきま~す!」


まずは「カルボナーラ」から。

うん、普通に美味い。
ベーコンの塩味と、卵と生クリームの黄金コンビ。
この料理、なんかズルイ。(笑)


では次に、「ピッカータ」

おっ!
なんだ?

これは、大人の味! (笑)

結婚式?
ホテルのレストラン?
どこかで食べたことがあります。

一言では言い表せない、複雑な味なんです。(笑)

そう、決して不味くはない。
でも、庶民の味ではない。

そして、子ども向きではない。(笑)


「これ、大人の味だね。」
「そうだね。」

「子どもは好きじゃないよね。」
「そうだね、まだ分からないね。」

「みどりさんは、どう? 美味しい? 」
「うん、とっても美味しいよ。 え? なんで? 」

「大人だなあ~。」 (笑)


てな感じで、最後は子ども達と一緒に、

ハッピバースデー、ディア、マ~マ♪
ハッピバースデ~、チュ~、ユ~♪

1706誕生日 045

ロウソク、 ふ~ぅ!

また、来年。

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : カルボナーラ ピッカータ 大人の味 複雑な味 大人だなあ