知多四国八十八ヶ所めぐり - 篠島 → 日間賀島 -

前回ブログからの続きです。

38番札所の正法寺を出ると、くるま六地蔵があります。
とりあえず、お参り。

1702篠島日間賀島 043

来た道から反対方向にどんどん進みます。

1702篠島日間賀島 044

やはり、迷宮。(笑)

自分を信じて、真っ直ぐ進みましょう。
すると、

大師堂の隣に出た。

1702篠島日間賀島 045

番外 西方寺 (篠島)

浄土宗の総本山である京都 知恩院の直末(じきまつ)寺だそうです。
我が家は、浄土宗ですので、よく分かりません。(笑)

1702篠島日間賀島 049

本堂。

本堂の左横を抜けると、

1702篠島日間賀島 051

案内看板があるので従いましょう。
適当に進むと、迷子になります。(笑)

しばらく歩いていると、

1702篠島日間賀島 055

帝井(みかどい)。

1702篠島日間賀島 056

読んで字のごとく、帝(みかど)の井戸。
説明は、隣の石版に書かれています。

ドラクエみたい。(笑)

1702篠島日間賀島 057

要約すると、
後醍醐天皇の皇子(のちの後村上天皇)が島に漂流された際に、
村人が探し回って掘った井戸だそうです。

なんか喉が渇いてきた。


さて、次にいきますか。

1702篠島日間賀島 058

港が一望できます。

1702篠島日間賀島 059

本当にこの道であってる?

1702篠島日間賀島 062

あってた。(笑)

39番札所 医徳院 (篠島)

1702篠島日間賀島 063

保育園と併設されています。
境内の庭で、島の子どもが普通に遊んでいました。

私の子供も。(笑)

1702篠島日間賀島 065

本堂。

1702篠島日間賀島 067

本堂の右、大師堂。

1702篠島日間賀島 068

本堂の左、修行大師。
あれ、どっかで見たぞ。(過去ブログ

1702篠島日間賀島 071

修行大師の隣、金比羅堂。


お昼ご飯を食べてから、
フェリー乗り場に向かいますか。

1702篠島日間賀島 074

フェリーで島に着いたのが11時40分。

次、日間賀島に行く便が、13時30分。
それを逃すと、16時まで船がありません。

ちょっと急いで、お昼ごはんを食べますか。

1702篠島日間賀島 086

帰り道に偶然見つけた料理屋さん。

さすが漁港の町、
メバルの刺身定食(1300円)がうま過ぎました。(笑)

幸せな気分に浸っていたら、携帯がピコピコピコ。

???

13時15分。

そうだ、タイマーをセットしていたんだった。
船に乗り遅れないように。

えっと?

あと15分?

ヤバイ、走れ!


という訳で、お腹一杯の身体にムチ打って、
家族全員、全速力で港まで走りました。

辛かった。(涙)


ぎりぎり3分前にターミナルに着いたものの、
口からメバルが飛び出すところでした。

1702篠島日間賀島 093

日間賀島に向かいます。

1702篠島日間賀島 103

さようなら、篠島。
また会おう。

1702篠島日間賀島 106

「ようこそ 日間賀島へ」

1702篠島日間賀島 107

歓迎 日間賀島

東港から歩いて5分。

1702篠島日間賀島 110

37番札所 大光院 (日間賀島)

1702篠島日間賀島 112

本堂。

今日の目的達成
さてと、たっぷり遊んで帰りますか。

1702篠島日間賀島 113

海はすぐそこ。

1702篠島日間賀島 126

石きりやったり、ハイジのブランコに乗ったり、
お土産買ったり、思った以上に楽しかった。
また遊びにこよっと。

(たぶん、釣り

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 知多四国八十八ヶ所めぐり 篠島 日間賀島 西方寺 医徳院 大光院

子どもの性格と勉強の仕方  - 正解なんてない -

ご無沙汰しておりました。

いつものように風邪をひいたり、毎日が眠くて寝込んだり、
何だかんだで、
ブログから手が離れてしまいました。

その間、自分を元気づけようと、河津桜を見に行ったり↓

1703河津桜01

子どもの写真を撮ってみたり↓

1703河津桜02

桜を綺麗に撮ってみたり↓

1703河津桜03

夕飯に唐揚げを作ってみたり↓

1703河津桜05

色々やってみました。

でも、ダメな時はダメ。

気持ちは滅入ったまま。
やる気が何も起きないのです。

おそらくこんな時は、
身体に何らかの異常があることが多い。

私の場合は、長引く風邪だったんだと思います。

なぜなら今、
少しずつブログが書けているから。(笑)



さて、少し真面目な話し。

我が家には3人の子ども(♂)がいます。
もちろん全員性格が違います。

長男坊は、慎重派でテキパキと物事をこなしていくタイプ。
やりたいこと(3DSなどのゲーム)があれば、
嫌なこと(宿題)でも苦にせずにやってしまいます。


次男坊は、行動派だけどのんびりタイプ。
好きなこと(昆虫採取など)は、
身体じゅうに蕁麻疹ができても気にしません。

だけど、嫌なこと(宿題)は先生に怒られても
全くやりません。(笑)


三男坊は、優秀です↓ (笑)

ウルトラマンと新幹線03
過去ブログ

私の子どもの頃を振り返ってみると、
私の母親は、かなりの教育ママでした。

毎日のように、
「勉強しなさい。将来どうするつもり?」

それが嫌で嫌で、勉強をしませんでした。

そのおかげで、逃げに逃げまくって、
イギリスの大学に送り込まれたのです。(笑)

環境の変化は人間を変えます。
大学5年間、勉強しまくりました。
アホのように。(笑)


私の子どもに同じ過ちを繰り返させたくない。

なので、
成績について文句をいったり、
勉強しなさいと言ったことはありませんでした。


さて、ここで問題になってくるのは、

次男坊が、
学校の勉強についていけない
ということ。


う~ん。

どうしますか? (笑)


次男坊は小学高学年ながら、
未だに甘えん坊です。

(妻)みどりさんが勉強を教えようとすると、
甘えてケンカして二人とも泣く。(笑)

最近みどりさんは白旗を揚げてます。


私の出番ですか? (笑)

という訳で、ここ2ヶ月間くらい、
会社から帰ってから勉強を教えています。

漢字と詰め将棋。


私はずっと、
男の子の自我が目覚めるのは、
小学4年生頃だと信じていました。

なので、勉強についていけてないと聞いたときも、
「その内できるようになるでしょ。」って
気にしていませんでした。

ところが、もう小学5年生が終わってしまいます。
そして、
未だに甘えん坊


こんなことって、ある?


で、勉強を教え始めてから気が付いたこと。

この子、ヤバイ。(笑)

小学1~3年生の漢字が読めない、書けない。(笑)

急いで、Amazonでポチッと↓

小学生の漢字1006字 読み取りドリル 中学に上がる前に完全マスター (まなぶっく)
小学生の漢字1006字 読み取りドリル

とりあえず、漢字を読めるようにしておきたい。
書く方は捨てました。(笑)

毎日2ページずつ。
間違えた漢字を書き出して、大声で読ませています。

1703河津桜06

最初の頃は、もう大変。

嫌々やっているから、泣くわ、黙るわで、
私のイライラも限界ギリギリ

みどりさんが白旗を揚げた理由もわかります。


我が次男坊をよ~く観察してみると、
自我がまだしっかりと目覚めていない。(笑)

思い起こしてみると、
私の自我が目覚めたのは小学4年生ごろで、
小学4年生より前の記憶は、かなりあやふやです。

今でも霞がかっています。(笑)

その私よりも遅い。(笑)


また、Amazonに向かってボチッと↓

3手詰ハンドブック
3手詰ハンドブック


無理やり起こしてやろうじゃないか!


1703河津桜07

3手詰め問題。
1問1分で解けるまで、何回も繰り返します。

この詰め将棋、
結構面白いらしく進んでやってます。

昨日、
1問目から30問目までを30分で解くことができました。

褒めてあげたら、
結構喜んでいました。(笑)


そして、少しずつ自我が芽生え始めたのか、
漢字で泣くこともなくなりました。

今、小学4年生まで復習完了です。


果てさて、この先どうなっていくのか?
答えが出るのは、まだずっと先。

子育てっていうのは、大人への問題集なんですね。
Amazonに答え売ってないかなあ。(笑)

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 自我 漢字 詰め 将棋 次男坊 起こしてやろうじゃないか