於大公園  - 近くなのに知らなかった -

日曜日、東浦町にある於大公園に行ってきました。
この公園、私の家からそれほど遠くない距離にあるのに、
全く知りませんでした。

たまたま会社の先輩と話していた時、
「於大公園に面白い滑り台があるよ。」って
教えてもらいました。

於大公園

16於大公園01

ふっと頭によぎる於大って文字。

あれ?
もしかして、徳川家康のお母さん
於大って名前じゃなかったっけ?

以前、知多四国八十八ヶ所めぐりで、
於大の方のお墓があるお寺を訪問した気がする?(過去ブログ

もしかして?と思い、
妻みどりさんに聞いてみました。

「みどりさん、於大って家康のお母さんじゃなかったっけ?」
「え?そう?」

みどりさん、特にこだわらないタイプです。(笑)

そんなこんなで公園内を散策してみます。
駐車場から出てみると、案外広いです。

子どもたち遊具に一直線。
ありました、噂の滑り台

16於大公園02

写真じゃ分かりづらいですが、高低差があり過ぎ。
面白い滑り台があるよって聞いたけど、
面白い?(笑)

無鉄砲な次男坊と三男坊が、滑り台の上まで駆け上がります。

次男坊、猛スピードで滑り台を急降下。
なぜか、痛がってます。

三男坊、それを見て撤退。(笑)

私、チャレンジします!(笑)

16於大公園03

怖い!!
止めておけばよかった。

下で眺めている我が家族。
にしか見えません。(笑)

ここで撤退したら、父親の威厳はなくなるだろうなあ。(涙)
バカこいた。

仕方がない。
いざ!

だんだん速くなるスピード。
なぜか途中で傾斜が水平になる部分がある。

えっ?
尻が浮いてる?


痛えーヱ!!

怖えーヱ!!!



ビニール製のジャンパーで滑ると、
非常に危険です。

地面で思いっきり尻餅をついて、
知らない奥さんに大爆笑されました。


お尻、割れたンとちがう?

父親の威厳、大失墜。(涙)


【結論】

やめておきましょう。


賢い三男坊は、バカな父親をほったらかして、
1人で遊具で遊ぶ。

16於大公園04

バランスよし。(笑)

公園内に解説板を発見。

16於大公園06

於大 緒川城に生まれる

16於大公園08

岡崎城主 松平広忠に嫁ぐ

16於大公園07

竹千代(家康)が生まれる

16於大公園09

伝通院 於大の方 逝去する

本町が於大の方の生誕の地であることにちなんで、
この公園を於大公園と名付けました。


やっぱり。(笑)

「みどりさん、ほれほれ。」
「ふ~ん。」

みどりさん、特にこだわらないタイプです。
なのに、大奥は大好きなんです。(笑)


最後に、変な自転車広場で
30分 50円/人。

16於大公園10

順番がきたら、赤いタイマーを渡され、
30分経つとピコピコ鳴ります。

首に掛ければ、
ウルトラマン気分を味わえます。(爆)

16於大公園11

私、見てるだけ。

同様に、長男坊も次男坊も見てるだけ。
なぜかって?

恥ずかしい年頃なんです。(笑)


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : 於大公園 家康 お母さん 滑り台 怖い 変な自転車 恥ずかしい 年頃

伊勢から志摩へ  - お伊勢さん -

去年から妻みどりさんが企画していました。
伊勢志摩へ。

どこに行くの?って聞いたら、
伊勢・安土桃山文化村のチケットが付いた
志摩のホテルを予約したとのこと。

それ以外は、適当に。(笑)

さすが我が妻。
私の大好きなノープラン大作戦。(笑)

じゃ、伊勢神宮に行きましょうよ。
最近、ツイていないんです。

私、厄年だし。(爆)


早朝 7:40出発。
車で約2時間。

伊勢神宮(内宮)近くの駐車場に到着。

16伊勢志摩旅行01

宝永四年 赤福
看板は金色。

とりあえず、スルー。(笑)

16伊勢志摩旅行02

「おかげ参道」という名の地下通路を発見。
道順は分かりませんが、こっちで正解でしょう。

迷った時は、他の参拝者のあとに続けばよいのです。(笑)

16伊勢志摩旅行03

伊勢に行きたい 伊勢路がみたい
せめて一生に一度でも
江戸時代 日本人みんなの憧れの
お伊勢さん

私、お伊勢参り(内宮)は人生で2回目。
でも、1回目はほとんど覚えていないのです。

なので、初体験 (笑)

16伊勢志摩旅行04

みどりさんにも聞いてみたところ、
「たぶん、行ったことあると思うんだけど、覚えてない。」

はい、初体験 (笑)

私の息子たちも、
大人になったら「覚えてない。」と言うでしょう。

でも いいんです、それで。

いずれ私がヨボヨボの爺さんになって、
私の息子たちが、
「俺、今まで一度も伊勢神宮に行ったことないんだけど、一緒に行く?」
と、聞いてきたら、

「おおぉ、死ぬ前に一度はお参りしたかろうのう。」
と、答えてやろうと思います。(笑)

16伊勢志摩旅行05

古い町並み。
ファミリーマートもご覧の通り↑

歩くこと15分。
やっと伊勢神宮に到着。

16伊勢志摩旅行06

皇大神宮(こうだいじんぐう)

16伊勢志摩旅行07

まだ朝も早いというのに、
鳥居の前には参拝客が大勢いました。

16伊勢志摩旅行00

樹齢 何十年、いや、何百年かと思われる木々。
その木に囲まれた参道を歩いていると、
何やら神秘的な気分を味わえます。

16伊勢志摩旅行08

なんだかなあ~。

クヨクヨ悩む自分とか、
ネチネチした人間関係とか、
なんか、ちっぽけなことに思えてくる。

16伊勢志摩旅行09

拝殿は写真撮影禁止なので、
その前で一枚。

きっちりお参り。


帰りの参道を歩いていると、
でっかい木の幹が。

16伊勢志摩旅行10

次男坊、トトロを探す。(笑)

16伊勢志摩旅行11

「宇治橋」の手すり。
私の手。

さっきの木の幹といい、橋の手すりといい、
参拝者が触りすぎ。

表面がツルツルで、とっても気持ちがいいんです。(笑)

ずっと触っていたい。
名残惜しい。

てな感じで、お伊勢参り終了。

お次は、「おかげ横丁」にGO!

16伊勢志摩旅行13

ではまた。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 伊勢神宮 ノープラン 神秘的 木々 触りすぎ ツルツル 覚えてない 初体験 お参り

伊勢から志摩へ  - おかげ横丁と坊主 -

前回ブログからの続きです。

これより おかげ横丁

16伊勢志摩旅行13

食べ歩き、おみやげ、買い物、ゲームにイベント。
お祭りの屋台を歩いているような賑やかさ。

お伊勢参りより、こっちがメインなんじゃないの? (笑)

16伊勢志摩旅行14

神恩太鼓(しんおんたいこ)がお出迎え。

太鼓の音がお腹に響き渡り、すごい迫力
実際に、太鼓の音圧でお腹が震えます。

私のビール腹は、特に震えます。(って、コラッ!)


やっぱり楽しみは、食べ歩きですよね。

16伊勢志摩旅行15

まだ冬も終わってないのに、アイスクリーム
子どもたちの季節は早い。(笑)

16伊勢志摩旅行16

私、何年ぶりか、宝くじを買ってみた。

ブログの更新が2日に一度になっていれば、
きっと当たったんだと思います。(笑)


さらに、お腹が空いたので、さば寿司を買ってみた。

16伊勢志摩旅行12

うまいんだけどね。
でも、すべてが高い。

地域活性のためと言えばかっこいいけど、
私も含め、お参り客の財布の紐はユルユルだなあ。(笑)

てな感じで「おかげ横丁」は終了。


お伊勢さんを出発し、志摩に向かいました。
目指すは、海!

そう、魚釣り。(笑)

16伊勢志摩旅行17

結果、坊主。(涙)

私が涙を流している間、
妻みどりさんと子供たちは、クルージングを楽しんでいました。

16伊勢志摩旅行18

賢島エスパーニャクルーズ?

16伊勢志摩旅行19

私が坊主を食らっている間、楽しかったそうです。

こっちに来ればよかった。(涙)

この時期、魚釣りなんてするもんじゃないよ、実際。

(志摩でぼやく)

最終的に一番楽しんだのは、
そう↓

16伊勢志摩旅行20

この子でした。(笑)



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : おかげ横丁 神恩太鼓 響く 迫力 魚釣り 坊主 ぼやく

伊勢・安土桃山文化村  - スケールが違うのに珍スポット -

伊勢に「伊勢・安土桃山文化村」という
テーマパークがある。

ご存知ですか?

ぜんぜん知らん!

はい、正解!!(笑)

知らないんですよ、愛知県民。
もしかしたら、三重県民も?

今回、たまたま志摩のホテルの宿泊プランに
伊勢・安土桃山文化村のチケットが付いていたもんで、
それで偶然、知ったんです。

で、行ってきました。
初めに結論を述べるべきではないと思うのですが、

【結論】

贅沢すぎる珍スポット。
もはや、スケールが違う。(笑)


さて、そんなことは露知らず、
何の情報も持たずに来てしまいました。

16安土桃山文化村01

ちょんまげワールド? (笑)

あれ? 伊勢・安土桃山文化村じゃなかったっけ?
間違えた?

もうすでに珍スポットの香りが。(笑)

受付で手続きを済ますと、パンフレットがもらえます。
ちなみに入場券は、通行手形と呼ばなければいけません。
ルールですから。(笑)

16安土桃山文化村02

唯一の情報源。
中身を見ると、

16安土桃山文化村03

お城がある。(笑)

通行手形を持って入りますか。
伊勢・安土桃山文化村↓

16安土桃山文化村04

Q) なぜ玄関が(とりで)なのでしょうか?

A) 来場者を襲撃し、珍スポットの地位を確立するため。

はい、テストに出ます! (笑)

16安土桃山文化村07

門をくぐると、領民の里に出ます。
ここから安土城の天守閣が見えます↑

天守閣の最上層が金色。
そして、白、赤、ブルーの配色。

トランスフォーマーか!
夜になると、ロボットに変身するらしいです。(笑)

16安土桃山文化村05

入ってすぐ左、最初のアトラクション。
戦国合戦砦。

16安土桃山文化村06

内部は射撃場です。
でも、ここはダメ。

玉が一発100円
そして、まず当たらない。

銃の精度が悪い上に、楽しませようという想いがゼロ。
完全な放置プレイです。

小さい穴に玉が入ったら、金貨がもらえる。
だけど、誓って言えます。

絶対に入らない。(笑)

1000円、無駄にしてしまいました。(涙)

Q) なぜ最初のアトラクションが射撃場なのでしょうか?

A) 来客者の浮かれた気分を襲撃し、珍スポットの地位を確立するため。

テストに出ますからね。(笑)


戦国合戦砦を出て、伊賀忍者妖術屋敷で目を回し、
お次は、妖怪屋敷↓

16安土桃山文化村08

長男坊と三男坊は、入口の怪しい雰囲気を察し、
入らないと言い出しました。

結局、妻みどりさんと一緒に次男坊が入りました。

私はしばらく時間をおいて、その後をこっそり付いていく。

怖がりのみどりさんは、次男坊に必死にしがみつく。
一番暗く、気持ち悪い化け物を抜けた辺りで、
二人に向かって、

「ぎやああーーぁぁっぁ!!!」

みどりさん、へっぴり腰で足がカクカクしながら必死で逃げる。
次男坊、案外しっかりとみどりさんをサポート。

私の後ろを歩いていたカップルは、
あれ?
どこ行った?

悲鳴と共に蒸発しました。(笑)

こういうイタズラ、大好きです。
くれぐれも、人を選んでやりましょう。

なんか、急に面白くなってきた。


16安土桃山文化村09

コテコテの赤い橋。
橋を渡ると、

16安土桃山文化村10

なぜか金色の菅原道真公が。

Q) なぜ菅原道真公の銅像が金色なのでしょうか?

A) 100%、珍スポットの地位を確立するため。

やっぱり。(笑)


16安土桃山文化村11

吹矢のアトラクション。
こちらは親切丁寧

やれば出来るじゃない。
ハード面じゃなくて、ソフト面なんですよ。

16安土桃山文化村12

忍者からくり迷路
たぶん、ここが一番面白いと思う。

16安土桃山文化村13

隠し扉を探す楽しさ、発見した時の面白さ。
改良すればもっと楽しくできそう。

最後に、施設内を走るバスに乗って

16安土桃山文化村14

安土城に向かう。

16安土桃山文化村15

無駄にお金かかってるなあ。

16安土桃山文化村16

あれ、遠くから見るよりカッコいい。
コテコテ感が少し和らいでる。

16安土桃山文化村17

お城の中は、やっぱりコテコテ。(笑)

16安土桃山文化村18

信長の最後

こういうとこ、妙にリアルなんだよなあ。
意外とどうでもいいところなんだけどね。
勉強しに来ているわけじゃないし。

珍スポットと呼ばれる場所に共通しているのが、
力を入れる場所を間違えているんです。

しかも変なこだわりが強過ぎて、
ここで言うと、コテコテ感が半端ない。

非常にもったいないのです。

16安土桃山文化村19

天守閣の最上階から眺める景色。

そして、最上階の中↓

16安土桃山文化村20

こういうことよ!

金箔の部屋に、金の猫。
まるで、通天閣のビリケンさんを見ている気分。

珍スポット決定!!!(笑)

16安土桃山文化村21

1階に戻ると、
「この聖画をご購入希望の方お譲りいたします(額縁付)」 

もう疲れた。(笑)


家に帰り、
伊勢・安土桃山文化村について調べてみました。
以前は、「伊勢戦国時代村」で運営していました。

この名前は聞いたことある。

ウィキペディアによると、
2008年に欽ちゃんを村長に迎え、「ちょんまげワールド伊勢」として
営業しているそうです。

300億円もかけて、
珍スポットを作りたかった訳ではないでしょう。

お客さんは少なかったし、
あれだけの広大な施設を持っていれば、
きっと管理費だって馬鹿にならないでしょう。

珍スポットは、いずれ潰れる運命。

それは、さすがに悲しい。
面白くできそうなところ、たくさんあるし。

という訳で、私の提案を書いてみる。

① 無駄なアトラクション(射撃場など)は、全部廃止。
  残った建物は全部、からくり屋敷に改造。
  って言うか、町中からくりにしたら良い。

② 天守閣も同じ。
  中の人形いらない、適当に町に出しておけばよい。(笑)
  最上層までからくり方式で。

コテコテ感一掃
  金色と赤色を使うから可笑しくなる。
  金色の道真公は100%失礼。

④ これだけ広大な施設なら、
  逃走中のようなイベントができるはず。
  お客さんに、銭形役、こそ泥役で分かれてもらい、
  実際にやったらいい。

⑤ 安土城を使って、実際に城攻めしてもらったら良い。
  安全な弓矢とか、鉄砲を使って、
  戦(いくさ)の雰囲気を味わえるなんて最高じゃない。

まだまだあるけど、
私、イベントプランナーじゃないし。(笑)

とりあえず、珍スポットが好きな方は、
是非どうぞ。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 珍スポット スケール もったいない コテコテ 提案

初 DIY チャレンジ  - そうだ、本棚を作ろう -

さて、ここで質問です。
最近、テレビ番組でもよく聞く言葉、
DIY(ディー・アイ・ワイ)とは一体どういう意味でしょう?

答えは、
Do It Yourself. (ドゥ イット ユアセルフ)の略で、「自分でやろう!」
ってこと、らしい。

私、自作って言葉大好きです。(笑)

なぜか?

お金を使いたくなかったら、
必然的に自作(DIY?)になってしまうんです。(切実)

釣り道具、車のメンテ、料理などなど、
自分でやってます。

すると、あれ?
DIYって、
楽しいんじゃないの?(笑)


つい先日、妻みどりさんから、、

「子どもたちの本棚が小さいんだけど、パパ、作れない?」
「作れるけど、足りないの?」
「うん、もっと大きいのが欲しいんだけど。」

その時は、「ふ~ん。」で終わらしてしまったんですが、
あとで、「DIY 本棚」でネット検索かけてました。(笑)

本棚が置けるスペースを測ってみると、
高さ 180センチ、幅 88センチまで可能です。

さらに、本棚一段分のスペースとして、
大きな本や、ファイルを立てて置きたい。

ちょっと大きめなファイルの大きさを測ってみると、
高さ 35センチ、奥行き 22センチでした。
なので、そのサイズ以上を確保できれば、
本やファイルが縦に置けそうです。

で、書いてみました詳細な設計図↓

16DIY 本棚01

メモ用紙。(笑)

両サイドの立板として、
幅 (板厚)×奥行22~30×高さ180 cm が2枚と、
本を立てる中板として、 
幅80×奥行22~30×高さ (板厚)cm が5枚あればよい。

さっそく、某K-マ(ホームセンター)に向かいます。(笑)

16DIY 本棚02

欲しいサイズの板を探していたら、規格の1×10材がピッタリ。
しかも安い。

ところが よく見てみると、板は反っているし、
ところどころ割れていたりする。

却下。

別の板を探す。
発見↓

16DIY 本棚03

ラジアタパイン集成材?

マツ化の木材を加工、接着した成形材だそうです。
見た目も綺麗だし、反ってないし、完璧です。
ちょっと高いけど、購入(2枚)決定。

16DIY 本棚04

中板も同じく(5枚)購入。
広告の品、買い占めました。(笑)

16DIY 本棚05

釘がないと話になりません。
φ3.8×50mmを購入。

16DIY 本棚06

木工用ボンドも購入。

合計、1万円とちょっと
思った以上に高い。(涙)

さらに、木材をカット。

16DIY 本棚07

1カットあたり30円です。
スタッフさんに切って欲しいサイズ言えば、
あっという間に切ってくれます。

今回は、
1.8 × 25 × 180 cm ・・・2枚
1.8 × 25 × 80 cm ・・・5枚
の180センチと、80センチをお願いし、120円(30円×4カット)で済みました。

自宅に持ち帰り、さっそく仮組みしていきます。

16DIY 本棚08

予め、鉛筆で中板の位置に目印を付けておきます。

16DIY 本棚09

だいたいこんな感じ。(笑)
本棚一段ごとのスペースは、本を縦に置ける35センチと、
板厚 1.8センチを考慮し、37センチにしています。

16DIY 本棚10

まずは、木工用ボンドを板に付け仮止め。
釘を打つ位置の目印を書いていきます。

16DIY 本棚11

そこへ、ドライバーで釘を打っていきます。
今回のDIY、妻みどりさんが主役です。

私は、見てるだけ。(笑)

すべての釘付けが終わったら、鉛筆で書いた目印を
消していきます。

16DIY 本棚15

さらに、ドライバーの先に砥石を付けて、
面取りをしていきます。

16DIY 本棚12

頑張る女性は、

16DIY 本棚13

ちょっとエロい (笑)

16DIY 本棚14

約3時間で完成。
みどりさん、Good job!


という訳で、
みどりさんの初 DIY チャレンジでした。

次は、イスに挑戦するそうです。(笑)


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : 本棚 DIY お金 1×10 ラジアタパイン集成材 頑張る 女性

今年初の一色漁港朝市  - 春をもう一品 -

美味しい魚が食べたくて、
眠い目をこすりながら来てしまいました。

さかな朝市 @ 一色漁港

1603一色漁港01

朝、6時少し前に到着。
なのに、もう人がいっぱい。

あれ、開店って6時じゃなかったっけ?

とりあえず、ぐるっと一周見て回る。

1603一色漁港02

前日、風が強かったせいか、魚の種類が少ない。

こうなったら、買うしかないでしょう。
一匹 1000円を超える魚を。

ヒラメ 1匹 1500円

1603一色漁港03

なんと言っても高級魚

美味さは格別なんです。(過去ブログ
もちろん、刺身で。

1603一色漁港17

身が透き通るよう。

美しい。(笑)


お次は、
アジ 9匹 400円。

1603一色漁港06

アジのたたきが食べたくなり、衝動買い。
それでは、アジのさばき方をどうぞ↓

① まず頭を落とします。
  その時一緒に、内臓も引っ張り出してしまいます。

1603一色漁港07

思い切ってザクッと。
100% 勇気が必要です。

美味しい魚が食べたい、食べさせたい!
その気持ちが、
私を戦国 おさばき隊に変身させます。(笑)


② 背の方から背骨に沿って包丁を引いてきます。

1603一色漁港08

そうすると簡単に身が切れる。

1603一色漁港09

まずは3枚下ろしの1枚目終了。


③ ひっくり返して、背びれに切れ目を入れます。

1603一色漁港10

魚の皮は切れにくいので、初めに皮だけ切っておきます。
そうすると、自分の手を切らずに済みます。(笑)


④ 1枚目と同じように背骨に沿って押して引きます。

1603一色漁港11

そうすると、簡単に切れる。(笑)

1603一色漁港12

3枚下ろし終了。

アジは身が切れ易いので、3枚下ろしの練習には最適。
とりあえずここで、身を水できれいに洗います。

洗い過ぎは、鮮度を落とすため注意。
水もしっかりと拭き取っておきます。

ここからは、刺身までのおろし方↓

⑤ 腹骨をそぎ落とします。

1603一色漁港13

私、この作業が一番苦手。
もったいない精神で薄くそぎ落とそうとするから、
いつも骨が残る。

刺身を口に入れた時、コリッと骨を噛んでしまうと、
美味しさ台無しです。

よくやります。(笑)


ここは思い切って、ザクッと。

おお、もったいない。
この身、おダシに使おう! (笑)

※ 内臓以外、すべて味噌汁のダシになっています。
  お味噌汁、最高のアジになります。(ダジャレか?)


⑥ 皮を引っ張って剥いていきます。

1603一色漁港14

キッチンペーパーで押さえてやると、
するんと剥けます。


⑦ 中骨を切り取ります。

1603一色漁港15

少し慣れが必要です。
初めの内は、中骨がどこにあるか分からなかった。

身の真ん中にあるので、
指で押してみたり、真ん中で切って断面を見たりすれば、
だいたい分かってくると思います。

1603一色漁港16

こんな感じで終了。

あとは、好みでたたきにしたり、ナメロウにしたり、
酢締めの刺身にしたり、楽しみは色々あります。(笑)

今回たたきにしようと思っていたので、
アジを1口サイズに切り、
刻んだネギと混ぜ合わせようと思ったら、
ネギがない。

しょうがは?

しょうが ない。(ダジャレか?)

え?
切り身だけ?

恥ずかしいので、写真 無い。(笑)


それでは、他のおかず。

コショウダイ 8匹 600円。

1603一色漁港04

定番の塩焼きで。


メカブ 大量 400円

1603一色漁港22

妻みどりさんが下処理したあとでした↑
食べる分だけ切っておいて、残りは冷凍庫へ。

一度茹でて、冷やしたものをポン酢で食べたり、
味噌汁に入れたり、納豆に入れたり。

食べ方いろいろ。

最近、テレビ番組でメカブ特集をしたらしく、
値段が上がったと、みどりさんが怒っていました。(笑)


小イカ 1パック 400円

1603一色漁港05

いつもの定番。(過去ブログ
これを食べないと、朝市に行った気がしない。(笑)


ここでもう一手間。
春の風物詩

1603一色漁港18

つくし採り。過去ブログ 笑)

1603一色漁港19

春ってやつは、

1603一色漁港20

めんどくさいけど、
だからこそ、美味い! (笑)

1603一色漁港21

我が家、春の贅沢でした。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : 一色漁港 朝市 ヒラメ アジ 子イカ つくし 贅沢

2016年 春の花散歩  - タンポポの種に想う -

人間にはカレンダーというものがあり、
毎年同じ季節になると、
同じ花が咲く。

本当はカレンダーで花が咲く訳ではなく、
日の光、温度、雨の量、花の遺伝子で、
花が咲く。

人は産まれてから、同じ季節に同じ花を見ている。
だから当たり前のように、
同じ花を見ると、同じ季節を思い出す。

気が付けば、毎年。(笑)


でも実際は、
当たり前なんかじゃないのかもしれない。

ずっと楽しい時間が続かないように、
ずっと悲しい時間が続かないように、
ずっと息をしていられないように。


私よりずっと若い息吹きが、私を散歩に誘います↓

16春の花散歩01

息吹きが息吹きを探す。(笑)

16春の花散歩02

春の息吹き。(笑)

16春の花散歩03

まだ小さい仏の座
去年、名前を覚えました。(過去ブログ

名前を知っていると、なんか親近感が湧きます。(笑)


いつもの神社。

16春の花散歩04

手水舎(ちょうずや)へ。

16春の花散歩05

拝殿へ。

16春の花散歩06

鈴が鳴る。

帰り道。

16春の花散歩07

フランスギク。(たぶん)

16春の花散歩08

間違えたらいけないと思い、葉っぱの写真も。

※ 間違えていたら、コメント下さい。
 (あとで修正します)

道草↓

16春の花散歩09

タンポポの種

16春の花散歩10

見てるだけで、鼻が痒くなる。(笑)

16春の花散歩11

種を手にとって。

16春の花散歩12

ふう~!!!

うわ!
飛び過ぎ!!

舞い上がるタンポポの種を見ていたら、
来年もまた、
新しい息吹きが芽生えそうです。(笑)


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : カレンダー 当たり前 じゃない 息吹き タンポポ