FC2ブログ

年の暮れに起こった夫婦の別れ  - 心の揺れ動きが激し過ぎて -

とても残念なご報告です。
私とみどりさんは2003年のクリスマスに結婚し、
ついほんの少し前、年の暮れに離婚をしました。

s-離婚届

結婚生活16年、あっという間でした。
気付けば私も40代半ば。
これからもっと楽しくやっていけると思っていた、
とある年の暮れでした。


みどりさんから別れて欲しいと告げられたのは
11月の22日でした。
その告白を聞いた時、私は意味が分かりませんでした。
何を言っているんだろうと。

僕はずっと幸せだったし、
みどりさんも幸せだったと思っていました。

でも みどりさんは、そうではなかったみたいです。


離婚届を出す前の1ヶ月間、私は関係改善に全力を尽くしました。
色々と話し合い、今までの不満を聞き、罵られながらも
上手くいく方法はないかと手を尽くしました。

離婚原因は、みどりさんが持っている不満のコップが
一杯になって、溢れてしまったからだと思います。

そして、私から離れた自由を求めていました。

それに気付けなかった私の鈍感さが原因でした。

私だって不満を貯めるコップは持っています。
だけど、私のはザルなのです。
不満も嫌なことも忘れるようにできているのです。

でも、みどりさんのコップはそうではなかった。
ずっとずっと昔の、それこそ僕がとっくに忘れていることを
鮮明に覚えているのです。

ここ何年間かみどりさんとケンカをした覚えさえないのに、
私がこう言った、あんなことした、
もう10年以上も前の話しを永遠に続けられるのです。

私は9割9分、覚えていませんでした。

そして決定的だったのが、まだみどりさんと結婚する前、
私がこんな内容の話をしていました。

「本当に相手のことを想い愛しているなら、
その相手が望む幸せのためなら、僕は別れることを選ぶよ。」

みどりさんからその話をされた時、僕は激しく動揺しました。
その言葉は覚えていました。

別れたくないのに別れる決断。

恋しくて、苦しくて、涙がこぼれて、
怒りが湧いて、そしてまた恋しくなる。

その繰り返し。


もし私が不倫をしていたのなら、
もし私が暴力を振るっていたのなら、
もし私が暴言を吐いていたのなら、
それなら私もすぐにでも身を引くでしょう。

でも、そんなことなかった。

私はみどりさんを大切にしてきたし、
笑顔を勝ち取るために、いつもそうやって振舞ってきた。

なのになぜ?

自問自答する日々がずっと続きました。
話しを聞けば聞くほど、その答えが見つかりませんでした。
決定的な原因が分かりませんでした。

精神的な病気なんじゃないの?
本気でそう思ったりしました。

私がどれだけ粘り強く関係改善を図ってみても、
みどりさんの別れたい想いは変わりませんでした。

最終的に導きだした答えは、
僕から離れた自由を求めているんだ。

私は離婚届にを押しました。


私たちには3人の子供がいます。
その子供たちの幸せを願うなら、決して別れない方がいい。

今でも私の心はぐらつきます。

淋しくて、恋しくて、心配になって、また恋しくて、
怒りもあって、悔しくて、当たり前のように涙が出ます。


今、一番辛いのは、
今まで共感してきた相手が居ないということ。

大掃除をして綺麗になった部屋を
一緒に喜べる相手がいない。

当たり前のように笑える相手がいない。

ひどく淋しい。


これからどうしようかと考えた時、
私はすごく悩みます。

たった1ヶ月で出した離婚届に対して、
本当は別の意味があったのではないか。
これで本当に終わりなんだろうか。

もう一度頑張って、少しでも可能性がある限り
みどりさんの心を取り戻すべきなんじゃないか。

私の妹に相談するとこう言います。
お兄ちゃんはもっと他に素敵な人が現れるから、
次に進みなよ、と。

分かりません。

ただ1つ言えることは、
私はみどりさんが大好きだった、今でも。

では。


※ しばらく、ブログ更新遅れます。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 離婚 淋しい

心の日の出  - 新しい家族の道 -

新年明けまして
おめでとうございます。



離婚して初めての新年、今まで落ち込んでいましたが、
ようやく日の光が差し込みました。

最近なぜか、毎朝5時には目が覚めていました。
何かしていないと落ち着かないため、
ほとんど一日中、散歩をしていました。

散歩はいいですね。

考えごとをしながら、ずっと自分と向き合えます。
そしてだんだんと落ち着いてきます。

元旦、いつものように早朝散歩をしていたら、
坂の上で人だかりに遭遇しました。

何だろうと思っていたら、初日の出で待ちわびる人達だったのです。
ちょうどいいや、と思って私も日の出る方をちらちら眺めていたら、
少し見逃しました。

s-20年日の出 018

顔を出してました。(笑)

しばらく眺めていた後、

s-20年日の出 023

見逃したかなあって思っていたら、
ちょうど散歩をしていた場所が坂になっていて、
見る場所によって日の出が変わるのです。

s-20年日の出 026

当たり前だけど坂を下れば、もう1回 初日の出が見られます。

知らなかった。(笑)

さらにどんどん歩くと、

s-20年日の出 028

まだ日が昇っていません。

家の前まで戻り、1服しながら日の出を待っていると、

s-20年日の出 029

3度目の初日の出。(笑)

同じ日の出を見るだけでも場所や気持ちが変われば、
何度でも見られること。

今まで悲しくて辛くて情けなかった自分の気持ちが、
かなり楽になった瞬間でした。

壊れてしまったものは元には戻らないかもしれないけど、
新しいものなら作っていける、そう感じた瞬間でした。


本当に大切なものって何だろうなあ?

そう思ったとき、
たとえ場所が離れていようが、
たとえ気持ちが離れていようが、
関係ないんじゃないのかなあって思うんです。

s-家族のかたち 002

新しい家族の形を作っていこうっと。


ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 新しい 家族の形

楽しみの向こう側  - 楽しませたい誰かがいる -

ご無沙汰しております。
皆様、お元気でしょうか?

いや~、非常にブログが書きづらいです。
私の性格上、ブログは楽しいことを書きたいのです。
ブログを書きながら自分で笑うのが、私の得意技ですから。(笑)

離婚した私が最近何をしているかと言いますと、
思春期の長男坊が持っている青春漫画を読みながら
胸をキュンキュンさせています。(笑)

楽しみの向こう側01
かぐや様は告らせたい 1
五等分の花嫁 1

空しいけど、面白い。(笑)

どうなんだろう、この立ち直り方。
もう1回 恋愛したいとは全く思わないけど、
なんとなく心は紛れます。

僕の場合、楽しいことの向こう側って、
楽しくさせたい誰かがいます。

今の僕は、その向こう側に誰もいない。
それが淋しい。

自由を手に入れて、
楽しさの向こう側を失いました。

釣った魚を食べてくれる人がいない。
投げたボールを受取る人がいない。
ボケてもツッコんでくれる人がいない。

結婚する前は当たり前のようにやっていたことが、
今の私には非常に退屈に思えるようになりました。

結婚する意義って難しいけど、
1つは、誰かと共感することなんだと思います。

さてと、どうしようかなあ。
ブログの締めくくり方が分かりません。

思い切って。

じゃ。(笑)




← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : じゃ。