とある6月の釣行   - やっと念願の一枚目 -

またもご無沙汰しております。
皆様、お元気でいらっしゃいますでしょうか?(笑)

さて6月も後半に入り、夏が近づいてきました。
そろそろ黒鯛シーズン突入です。
準備運動はお済でしょうか。

私、性懲りもなく準備運動の真っ最中です。(笑)


さて、いつだったか忘れてしまいましたが、
おそらく6月前半の週末、
いつもの名古屋港に釣りに出掛けてきました。

1906釣り 002

もちろん狙いは黒鯛。
準備運動ではなく、本気で狙っています。

結果、

1906釣り 004

嫌なことは忘れるようにしています。(笑)


次、とある6月半ばの週末、
会社の同僚に連れられて船釣り。

1906釣り 005

知多半島 片名漁港から出発。

1906釣り 007

イサキ狙いでしたが、海が荒れて、
近場の五目狙いに変更。

結果、

1906釣り 009

6人で↑の釣果。
嫌なことは忘れるようにしています。(笑)


さらに次。
昨日、名古屋港に性懲りもなく出掛けてきました。

1906釣り2 006

もちろん本気の黒鯛狙い。
エサは、カニとザリガニ。

早朝3時起床、釣り場に4時半到着。
さっさと仕掛けを作り、いざ。

・ 1時間経過、
・・ 2時間経過、
・・・ 3時間経過、

朝まづめに釣れたのは、カサゴ2匹だけ。

でも大丈夫、なぜなら本日の満潮は9時過ぎ。
まだチャンスはあります。

半スケスケの海面に向かって、
石畳の影になっている部分へ落とし込みます。

すると、底に着いた仕掛けがヌルヌル?
はっ!っと思い、ヌルっとアワセました。(笑)

道糸がピンっと張り、ヌルヌルと魚体が動き出しました。

おおおお!

ついに来ました本命です。

長かった。
待ち焦がれました。

ヌルっとアワセてしまったため、ハリ外れが心配でしたが、
いつも以上に慎重にやりとりをして、
ついにネットイン。

1906釣り2 008

今年初めての黒鯛です。
さらに大物。

やりました餅平選手。(笑)

久々に足がぷるぷる震えました。(笑)

その後、気合を入れて1時間粘りましたが、
アタリなく終了。

という訳で、本日の釣果です。

1906釣り2 015

黒鯛 1匹 47センチ
カサゴ 2匹
タケノコメバル 1匹

1906釣り2 000

黒鯛の胃袋の中は空っぽでした。
そろそろお腹が空いてきていると思います。

これからに期待。

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 準備運動

とある7月の釣行   - 釣れんもなあ -

とある7月の釣行。

まだ梅雨明けしていない頃、
名古屋港の沖堤で黒鯛狙い。

s-1908釣り1 002

散々粘った挙句、
釣れたのは、

s-1908釣り1 005

40センチサイズのマダカ 1匹。
残念。


さらに とある7月の釣行。
我が次男坊を連れて四日市の岸壁。

s-1908釣り1 008

釣れたのは、

s-1908釣り1 014

いつものサバ大漁。
サッパ少々。

釣りというのは、魚をさばくまでが釣りなんだよと教え、
次男坊に魚をさばいてもらいました。

s-1908釣り1 017

上出来です。(笑)

サバはミンチにしてつみれ、
サッパは昆布の酢締めで食べたいなと思っていた矢先、
面倒くさがりの妻みどりさんが、

s-1908釣り1 021

全部ミンチにしちゃいました。(笑)

次男坊が必死にサッパのウロコを取り、
平べったい魚をわざわざ三枚に下ろしたというのに、
野菜たっぷりのつくねになっちゃいました。(笑)

s-1908釣り1 023

もちろん文句なんてありません。
心の中で、「ああ、サッパがミンチに・・・」と嘆くのみです。

夫婦円満の秘訣です。(笑)


続いてつい最近、
会社の先輩方がアジが釣りたいというので、
色々考えたあげく篠島の沖堤でサビキ釣り。

s-1910.jpg

釣れたのは、

s-1911.jpg

マイクロ カサゴ。(笑)

s-1913.jpg

何これ? (笑)

散々な結果に終わりました。

場所がよくても、いつでも釣れる訳ではないんです。

つまづいたっていいじゃないか、
生き物だもの。(笑)


ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 夫婦円満 秘訣 つまづいたっていいじゃないか 生き物だもの

台風前の黒鯛チャレンジ  - ボロボロの理由は -

風が強くなり始め、
だんだんと台風が近づいてきました。

s-19081 009

皆様、備えは万全でしょうか。


さて昨日、台風前にもかかわらず、
黒鯛狙いの落とし込みに出掛けてきました。

名古屋港 石畳
s-19081 003

満潮 夕方5時半
風速 5m/s
うねりやや強め
濁りあり

コンディションは風が強いのを除けば
ほぼ完璧です。

家を出る直前まで、行こうか止めようか悩んでいました。
風がビュービュー吹いていたもんで。

台風前のボーナスがあるんじゃないかと、
悩んだ末に出掛けることにしました。

釣り場開始 午後4時
ふぁ~ん。

落とし込み始めること数投目、

うううう、風が強い。

道糸が風に流されて全然沈んでいかない。
そもそも底にエサが着いているのかよく分からない。

ハリスの上にガン玉を追加し、
なんとか底までエサを落とし込めるようになりました。

1時間経過した頃、カニをかじられるアタリが1回。
少しやる気がUP。

それから数投目、
エサが底に着いて少し引き上げてみると、
おっ? 根がかり?

と思った瞬間、
バシッ!とアワセました。

ぐりぐりぐりと、ゆっくり動き始めます。

おおお、重い!

次第に暴れ始め、グイグイ引っ張られます。
必死に耐えつつ、あがってきたのは、

s-19081 006

黒鯛 43センチ

ここからボロが出始めます。

1つ目、ストリンガーで生かしておいた黒鯛が、
石畳の中に入ってしまい、お持ち帰りできず。

2つ目、帽子につけている小型ライトが
風に飛ばされて落ちた拍子に蓋が外れ、
夜釣りできず。

s-19081 008

3つ目、フェルトシューズのフェルトが剥がれてしまい、
パカパカさせながら釣りできず。

s-19081 010

これはあれですわ。

タバコで一服し、
心を落ち着かせて耳を澄ませてみると、

”ビュー、お盆だビュー、ビュー、お盆にビュー”

はっ!と思い、さっさと帰りました。(笑)

こういう風に何かオカシイ場合、
きっと何かあります。

生きているだけで儲けものと思い、
さっさと帰りましょう。(笑)


とりあえず、いつもの↓

s-19081 007

釣れた時間は満潮のど真ん中。
お乳に見えるのは私だけ?

ほら、生きているだけで儲けもの。(笑)


ではでは



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : これはあれ 生きているだけで儲けもの