そろそろ乗っ込みの季節?  - とりあえずモエビで -

さて、そろそろ黒鯛の乗っ込みの季節です。
とは言いつつ、
あまりこの時期に釣りはしません。

なぜなら、まだ寒いから。(笑)


ゴールデンウィーク明けまでのんびりしていようと思っていたら、
会社の先輩方がシーバスを狙いに行こうと。

はい、是非。

半分は社交辞令ですが、
残り半分は釣りに行きたくてウズウズしていました。(笑)

という訳で、
三重県 四日市市の岸壁

1803釣り 024

私、ルアーでシーバスを狙うのは、
未だによく分からないのです。

釣れる自信がない。(笑)

色々考えたあげく、
活きたモエビでアイナメを狙うことにしました。

もちろん落し込み仕掛け。

運がよければ、黒鯛も釣れるはずです。

では、やっていきますか。
海の状況はどうですか?

1803釣り 023

釣り場に着いて海面を見ると、ボラが大群をなして泳いでいます。
これを見て、会社の先輩方はルアーで引っ掛け釣りに変更。(笑)

しかも、竿をしならせながら実際に釣りあげていました。

私も内心、
(しまった、ルアーとシーバスロッドを持ってくればよかった)と、
少し後悔しました。

まあ、めげずに釣っていきますか。

久しぶりの落し込み。
オモリ4B、ハリ3号にモエビを付けて、ヘチを丹念に探っていきます。

・・
・・・
1時間経過、アタリなし。

萎えそうにながらも、
気力を振り絞り丹念に探っていきます。

クイクイ

おっ?
なんか食いついた。

少しテンションを掛けてみると、
グイグイと引っ張ります。

よっしゃ、久しぶりにやってみますか。

バシッ!

おっと、思ったよりも引きが強い。
でも黒鯛ではない。

なになに?

1803釣り 025

アイナメでした。
しかも結構いいサイズ。

狙い通り。(笑)

これは期待できると、それから2時間粘りましたが、
アタリはその1回のみ。

という訳で釣果は、

1803釣り 030

アイナメ 1匹 30センチ。

さすがに1匹だと、家族分のおかずにならない。
子どもが寝静まった頃、
妻みどりさんとこっそりお刺身で頂きました。

1803釣り 034

淡白な白身魚。

釣り人と釣り人の奥さんは、知っているのです。
その美味しさを。

以下、みどりさんとの会話。

(私) 「間違いなく、うまいんだけどね。」
(み) 「うん、美味しい。」

(私) 「感動するほどではないね。」
(み) 「いつも釣ってくる魚と同じ味だからね。」

(私) 「それって、ムラソイのことだよね。」
(み) 「それしかないじゃん。」

(私) 「ごもっとも。」


さあ、黒鯛釣っちゃうぞ。(笑)


ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : それって ムラソイ アイナメ ボラ 後悔

のっこみ失敗  - 春の気まぐれ -

ここ何週間か、のっこみ黒鯛狙いで釣りに行ってきました。

1804釣り01

が、
坊主の連続。

この時期 産卵をひかえた黒鯛が、
貪欲に餌をむさぼりつくとかネットに載っていますが、
実際に釣り場に行ってみると、なかなか難しいのです。


まず、海草や藻が邪魔。

落とし込んでいると毎回 引っ掛かるのです。

まだイガイが堤防についていないので、
底狙い1本なんですが、
オモリを重くして、
何回か持ち上げて、落とし込んで、
そこでやっと底に届く感じ。

イライラする。(笑)


次に難しいのが、エサ

特定のエサしか反応しない日があるのです。
昨日は、カメジャコ オンリー。

前回、モエビを持っていったらカニで釣っている人がいて、
「へー、もうカニでも釣れるんだ。」と、
昨日、カニを持っていったらやられました。

私と同じくカニで釣っている人は全滅。
イガイのツブ、ダンゴ共に撃沈。

カメジャコ、高いんだもん。(笑)


最後に、釣れる場所。

落とし込みは、歩く釣り。
そこに魚が居なければ自分が動くのです。
それなのに、
釣った人の場所を聞いたらすべて同じ場所。

時合いにその場所にいる人が勝ち。


という訳で、
この時期にもっとも大切なことは、

情報戦略。(笑)

釣れた場所、エサ、時間を聞いて、
翌日マネをする。


昨日、情報を聞き出した私、
本日、寝坊。(笑)

しかも、肩激痛。


情報戦略、失敗。(笑)


とりあえず、昨日の釣果です。
いつもの↓

1804釣り02


ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : 海草 エサ 場所 情報戦略

ホームグラウンドで狙うのは  - 黒鯛チャレンジ? -

待ちに待った週末。

海上保安庁のHPによれば、
海水温は20℃を超えてきています。
まだ少し早いと思いながらも、偵察に出掛けてきました。

2週間前、知多半島先端テトラ

1805黒鯛チャレンジHG 001

結果、タケノコメバル 1匹 15センチ

1805黒鯛チャレンジHG 003

黒鯛が居ないのを確認。(笑)



今週、気を取り直して再チャレンジ。

土曜日は寝坊。

日曜日、眠気より精神力が勝り

1805貝チャレンジ 002

午前3時 起床。

4時半、釣り場到着。
知多半島先端テトラ。

1805貝チャレンジ 005

最近買った水温計で海水の温度を計ってみました。

1805貝チャレンジ 007
グローブライド フィッシングサーモ

20℃ジャスト。

だから、どうなんですか? (笑)

まずは(黒鯛が居ることを)信じることから
すべてが始まります。(笑)

さあ、探っていきますか。
4時半スタート。
ファ~ン。

1805貝チャレンジ 008


1時間経過
・・
2時間経過
・・・
3時間経過
・・・・
4時間経過
・・・・・
5時間経過。

アタリ一度もなし。
ムラソイとカサゴが1匹ずつ。

だあああああ~!!


潮が下がり、毎年恒例のイガイチェック。
テトラの先端まで降りて、
テトラの裏側を覗き込みます。

1805貝チャレンジ 011

居ないやん!
去年と同じやん!!

今年もダメやん!

どうしたんだろう?
アサリも不漁だって聞くし。

これから新しい場所を探していきます。
はあ~、気が重い。

そんな事を考えながらボーっとしていたら、
テトラの隙間に人が食べられる貝が付いているのを発見。

もうすでにヘロヘロの身体にムチを打って、
ひたすら貝を採りました。

1805貝チャレンジ 015

そうか、
今日は貝々チャレンジだった。

忘れてたわ。(笑)


ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 海水 温度 イガイ 貝チャレンジ

アフターファイブの  - 黒鯛チャレンジ -

イサキチャレンジに目移りしていたため、
約2ヶ月ぶりの黒鯛チャレンジです。

本当は週末の早朝に出掛けたかったんですが、
台風の影響で風と雨が強くなるため、
金曜日のアフターファイブに出掛けてきました。

会社からの帰り道にカニとイソメを買い、
いざ!

1808黒鯛チャレンジ 010

明るいうちはカニ、
暗くなったらイソメを使おうと決めてました。

夕方 5時半過ぎ、釣りスタート。

ファイッ!

釣り始めて20分後、
底に着いた仕掛けを持ち上げたら道糸が動き出しました。

おおお?
アタリが分からないよ。

仕方がないので、
ぬるっとした感じでアワセてみました。 

1808黒鯛チャレンジ 012

今年初。

小チヌ。(笑)

さらに10分後、
またもや底からの聞き上げでアタリが分からず、
ぬるっとアワセ。

おおおっ!
久々の強い引き。

何度も穂先が海面に突き刺さるのを耐えながら、
ようやくタモ入れ完了。

1808黒鯛チャレンジ 013

今年2匹目。

大物 43センチ。

その後、3回バラシて日没。
日が暮れてからはイソメに変更して、根魚のオンパレード。

夜、波音しか聞こえない真っ暗闇の中、
ケミカルライトを1つ付けただけの落とし込みは、
木の枝がパキッと鳴る度に、
ビクッと穂先が跳ね上がってしまうのです。(笑)

その度に、くそッ!と言う私がいる。

残念ながらこういう落とし込み方では、
絶対に黒鯛は喰いついてきてはくれません。


という訳で、
久々の黒鯛チャレンジの釣果は、

1808黒鯛チャレンジ 016

黒鯛 2匹と、

1808黒鯛チャレンジ 018

ビクッとなっても喰いついてきてくれる
カサゴ 大漁でした。(笑)

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : アフターファイブ 今年初 ビクッ 穂先

2日連続の  - 黒鯛チャレンジ -

2日連続で黒鯛チャレンジに出掛けてきました。

初日は、
会社の先輩に誘われてボートから狙う黒鯛です。

このボート黒鯛、実は去年、
会社の先輩から黒鯛が釣ってみたいと言われて、
初めてでも気軽に釣れる?と思い、色々悩んだ末に私が提案しました。

人が集まる堤防で、初めての黒鯛が釣れるほど、
落とし込みは甘くないのです。(笑)

そして、去年一緒に出かけたボート黒鯛は、
先輩 40センチ弱の黒鯛 2匹。
私、坊主。

結果、ブログは割愛しました。(笑)


そして今年、
去年の興奮が忘れられない先輩が、
今年もまた行きたいと誘ってきたんです。

釣りはいいんですけど、
お財布に(11000円/人)厳しいんです。(涙)

さてこの日の潮回りは大潮、満潮6時。
釣り開始 5時半。

天気は曇り、ベタ凪。
エサはカラス貝と、カニです。

釣り開始から数時間後、
坊主を覚悟していました。

アタリがぞれぞれ一回ずつ。
食いが悪くてハリ掛かりしなかったのです。

ラスト1時間を切った頃、
エサをカラスの一枚掛けからダンゴにチェンジ。

すると数投目、
ガツン!っと無意識にアワセ。

最近、身体が勝手に動くのです。(笑)

パイルに戻ろうとする黒鯛を強引に引きずり出し、
出てきたのは、

180816 002

47センチ。

これが唯一の釣果になりました。

会社の先輩は坊主。

残念。

そして、すみませんでした。(笑)

せめてお持ち帰り頂こうと思い、
「是非どうぞ。」と勧めてみたのですが、いらないの一点張り。

そうですか、
じゃあ、私が頂いて帰ります。

180816 003

久々に、まな板(45センチ)からのはみチン

そのまま、漬けに変わりました。

180816 005



翌日、前日の釣果が淋しく
いつもの名古屋港へ出掛けてきました。

180816 007

のんびりと夕方 5時に釣り開始。
ファ~ン。

エサはカラス貝の一枚掛け。
(昨日の残りです。)

1時間後、
また無意識のうちにアワセ。

ガツン!

あとから思い出してみても、
どうしてアワセたのか全く分かりませんでした。

たぶん底からの聞き上げで
なにか違和感があったんだと思います。

必死に耐えてあがってきたのは、

180816 006A

昨日より1センチアップ、
48センチ。

180816 012

2日連続ではみチン。(笑)

但し、この日の釣行でタモを折るという失態を犯し、
プラスマイナスの

180816 022

マイナスでした。(涙)


ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : すみませんでした