人生 2回目の船釣り  - どうなの? -

私、安物のゴムボートでキスを狙うことはありますが、
船で釣りをすることはほとんどありませんでした。
理由は簡単。

高いから。


もう1つ、面白くないから。

以前、一度だけ船釣りをしたことがありました。
職場の同僚に誘われて、真鯛狙いで船に乗ったのです。

「はい、上げて~。」

シャカ、シャカ、シャカ。(リールを巻く)

「どうぞ~。」

ボチャン。(重い仕掛けを落とす)
シュルシュルシュル。(リールから糸が出ていく)

「はい、上げて~。」

シャカ、シャカ、シャカ。(リールを巻く)

「どうぞ~。」

ボチャン。(重い仕掛けを落とす)
シュルシュルシュル。(リールから糸が出ていく)

↑これが、嫌だったのです。

釣りに自由がない。
しかも、せわしない。


船だから、どうしても釣り場のポイントが外れてしまう。
そのため一旦仕掛けをあげて、船を動かすのです。

船で釣りをしている人なんて、みんなお金持ち
電動リールでジージージー(モーター音)と、糸を巻き上げる。

貧乏な私、必死で手巻き。

シャカ、シャカ、釈迦。(南無)


そして魚が掛かったとしても、魚の引きなのか、
オモリの引きなのかよく分からない。(笑)

ちっとも面白くなかったのです。(笑)


そんな私が、なぜ船釣りに?


メバルが食べたかったのです。(笑)

以前食べたメバルの刺身定食が、美味過ぎたのです。
過去ブログ


で、行ってきました。
一緒に行こうと言っていた同僚が、急遽キャンセル。
仕方なく、1人で行ってきました。

釣船 「石川丸」 @ 片名新師崎

1704船釣り 049
シマノ 手巻きリール小船 1000
シマノ ロッド ホリデーFUNE 2.1メートル
PEライン 3号 ホワイト

メバル・カサゴ狙い。

1人 7500円也。

※ 竿、リールは、手巻き500円、電動リールは1500円で
  借りられます。

1704船釣り 051

仕掛けは、コマセかごを使ったサビキ。
オモリは60号です。

※ 仕掛け(1つ分)は料金に含まれますが、
  2つ目からは1個 500円です。(お祭りは控えめに)

1704船釣り 053

出航~ぅ!

1704船釣り 055

日の出と共に、他の釣船と競争です。
決められた時刻まで、師崎港沖で待機です。

1704船釣り 059

ゴー、ゴー、ゴー!!!

ここまでは心、躍っていました。
このあと大苦戦するとは思っていなかったのです。

8時間後、釣果↓

1704船釣り 063

メバル 3匹 (15~28センチ)
カサゴ 1匹 (10センチ)
ベラ 4匹 (10~15センチ)

情けない。
お金がもったいない。

60号のオモリで、アタリは非常に小さいし、
魚との駆け引きなんてほとんどない。

釣り場のポイント探しは、船長さんがやってくれるし。
隣の人が釣れてると、非常にムカつく。(笑)

やっぱり、
ちっとも面白くない!(笑)


帰りの船から見る波。

1704船釣り 060

あれ、この光景、どっかで見たぞ。(過去ブログ

リベンジしません! (笑)


※ PS: メバルの刺身、やっぱり美味かった。

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : メバル カサゴ 釣船 師崎 船釣り 面白くない

夏の訪れを探しに  - 地獄を見た -

夏の訪れは、イサキが教えてくれます。
人によっては、うまい魚のNO.1にイサキを選びます。
この時期にしか釣れない魚、

そう、イサキが呼んでいる! (笑)

という訳で、
会社の同僚、先輩方と一緒にイサキ釣りに出掛けてきました。

1707船釣り 001

釣船 石川丸 (過去ブログ

潮回りは小潮、天気は晴れ。
うねり 1.5~3m です。

もちろん、酔い止めは飲んで行きました。
前日、酔い止め薬がなくなっていることに気付き、
妻みどりさんが適当に 買ってきてくれました。

これ↓
【第2類医薬品】トラベルミン 6錠
【第2類医薬品】 トラベルミン

この選択が、地獄の扉を開くことになるとは、
まだ知る由もありません。

早朝 5:30出航。
6:30 釣り場到着。

「はい、どうぞ~」の掛け声で、みんな一斉に仕掛けを落とします。

釣船が用意したイサキ仕掛けは、片テンビンにコマセカゴ、80号オモリ、
枝ハリス2本のサビキ仕掛けです。(写真ありません)
こんな重いオモリいる?
80号?


ボチャンっと!


釣り開始20分、

あれ?
あれれ?

なんか気持ち悪い。


釣り開始30分、、

あれ?
あれれ?

うっぷ、うっぷぷ。


釣り開始40分、、、

あれ?
あれれ?

おえっ!


釣り開始50分、、、、

(無言)
(無言)

おえっっッ!!



地獄を見た。(涙)
本当に、地獄を見た。(涙)



抑えきれない気持ち悪さ。
繰り返しやってくる、大噴火。


船酔いが
こんなにも恐ろしいものだったとは!



ナメてました。

それでも3時間は頑張りました。

釣り方はとっても簡単なんです。
ツン、ツンンってアタリがあったら巻けばいいのです。

竿はロッドホルダーに付けっぱなしにして、
動かない身体はベンチにあずけて、

目を閉じたまま、
じっと目を閉じたまま、


ツンっと感じたら片手で巻き上げる。

そして、釣果↓

1707船釣り 005

イサキ 4匹  ※ 2匹は同僚から頂きました。

1707船釣り 010

チダイ 1匹
サクラダイ 2匹 ← たくさん釣れたけど、普通はリリースします。(※)

※ どんな娘なのか知りたくて、お持ち帰りしました。(笑)

あれだけ地獄を見た割には、意外に釣っている。
しかし、記憶がほとんど残っていない。(笑)

結局、船上(戦場?)では、同僚や先輩、他の釣り人の半分しか
釣りができませんでした。

残りの半分は、船内(戦内?)で寝てました。
立ち上がる気力も、
釣れた後の感動も無かったのです。(笑)

家に帰り、ユラユラ揺れる感覚の中で、
釣った魚の内臓だけ処理し、
翌日まで爆睡しました。

チャ~ラ~ラ~ラ~ラっラッラ~ぁ! (ドラクエ風に)

ああ、なんてよい朝なのだろう。

二日酔いしてない。(笑)

ぱっぱっと魚をさばき、
大きいイサキとチダイは刺身に↓

1707船釣り 011

小さいイサキと、サクラダイは塩焼きに↓

1707船釣り 017

とても美味しく頂きました。
イサキを2匹もくれた同僚に感謝。

飽きのこないイサキの刺身は、あっという間に無くなりました。
サクラダイの塩焼きは、まあ、まあ、
次はリリースして帰ります。(笑)

ちなみに、同僚、先輩方が酔わなかった理由は、
同僚が推薦していた酔い止め薬を、夜と朝に飲んでいたため。

これ↓
【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル
【指定第2類医薬品】 アネロン 「ニスキャップ」


ちゃんと忠告を聞いておけばよかった。(涙)

という訳で、
最近、ポチッと。(笑)

これ↓

1707船釣り 0101


ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 船酔い 地獄 うぷぷ おえ 目を閉じたまま イサキ 刺身

この時期に狙うのは  - 毎年恒例 イサキ釣り -

ご無沙汰しております。
すみません、また変な広告が。

このブログで消えます。(笑)

さて、2週間連続でイサキ釣りに出掛けてきました。
毎年この時期に企画してくれる会社の同僚が、
私だけ特別に2回 誘ってくれました。

釣りバカが必要だったそうです。(笑)


さて先週、天気は晴れ。
絶好の釣り日和。

しかしデジカメが電池切れだったため、写真ありません。(涙)
家に帰ってから、釣った魚をパシャ ピコッ。

1807イサキ1 007

一緒に行った釣り仲間の1人が、
最初から最後までゲロゲロだったため、
3匹差し上げました。(笑)

私も昨年、同じ目にあいました。(過去ブログ
一度地獄を見ると、否応がにも対策はして行きます。

1707船釣り 0101
【指定第2類医薬品】 アネロン 「ニスキャップ」

前日の寝る前と、起床後の計2回飲んでおけば安心です。(笑)

釣果は、
イサキ 11匹 (内、3匹寄付)
チダイ 1匹
カサゴ 1匹
ベラ 1匹

くたくたの身体にムチ打って、
お腹を空かした子どもたちのために、すべて刺身にしました。(笑)

イサキ、4匹分

1807イサキ1 009

さらに、

1807イサキ1 011

上からベラ、真ん中の左がカサゴ、右側はイサキ、
一番下がチダイです。

腹側を上にして盛ってしまったため、
すべて同じに見えます。(笑)

味比べしてみると、
食べ慣れているカサゴは、淡白なコリコリ食感。
ふつうに美味い。

去年感動したイサキは、なぜか脂の乗りが浅く、
淡白なバター風味をは味わうことができませんでした。
少し残念。

チダイを食べるのは初めてです。
パクッとひと口。

おおお!
脂がのっている。


食感はやわらかく、
イサキとは違った美味しさがあります。

最後に、ベラのお刺身。
初めてお刺身で頂きます。

えっ?
普通に美味くない?


私、こればっかり食べていました。
子どもにはもったいない。

さばくの大変だったし。(笑)

船賃7500円の贅沢なお刺身は、
あっという間になくなりました。(涙)



そして今週、
2回目のイサキ釣りに出掛けてきました。

天気は大荒れ。

雨に風に、うねり。

沖合いまで、こんな感じ↓

1807イサキ1 1818

船内から写真を撮ったんですが、
大揺れでまともに撮れないんです。

・・・9時間後、

1807イサキ1 1820

これだけ?

イサキ 2匹
チダイ 小2匹
アジ 1匹
メバル 2匹

寂し過ぎる!

確かに状況が悪かった。

イサキのアタリが少なかった分、
ずっとチダイに糸を噛み切られていました。

今回使った仕掛けは、釣り船屋が用意してくれたものを
使わなければいけませんでした。

そのため、糸切れ対策ができなかったのです。

1807イサキ1 1810

テンビン、80号オモリ、コマセかご。

仕掛けは、吹き流し↓

1807イサキ11808

不完全燃焼。

近い内に自作の仕掛けを持って、
違う船屋で再チャレンジに行ってきます。

ではでは。




← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

イサキリベンジ  - 撃沈したそうだ -

お久しぶりです。

猛暑続きでヘロヘロになっていたら、
台風が直撃しそうな様子です。

いったい今年の夏は、どうしちゃったんだ!

なかなか防げない天災もありますが、
皆様、備えだけはしっかりとお願いします。


さて先週の日曜日、イサキリベンジに行ってきました。
前回のイサキチャレンジ(前回ブログ)で、
仕掛けをブチブチに切られた憂さ晴らしをしたかったのです。

毎日仕事から帰ってから、コツコツと仕掛けを作ってきました。

1807イサキリベンジ 002
ウィリー ピンク
ウィリー 白
ウィリー 黄

ウイリーでハリを作り、

1807イサキリベンジ 003

前回ブチブチに切られたため、ハリスは2.5号と3号で対策しました。
下から80cm、60cm、50cmに枝ス30cmを付けて完成。

1807イサキリベンジ 004

テンビン、カゴ、オモリ80号を準備して、
満を持してリベンジに出かけます。

早朝、5時出船。

1807イサキリベンジ 005

・・・1時間後、釣り場到着。

「はい、どうぞ~。」 の合図でスタート。

アタリなし。
アタリなし。
アタリなし。

どういうこと?

3時間後、ソウダガツオが2匹。
そして、お祭り(他の人と仕掛けが絡まる)騒ぎが始まる。

はあ~、今日はダメそうだ。

泣きそうだ。

↑ これが言いたかっただけのブログ。(笑)


という訳で、釣果は

1807イサキリベンジ 008

イサキ 1匹
チダイ 1匹
ソウダガツオ 2匹

リベンジ失敗したソウダ。

はい、もうリベンジしません。(涙)

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : イサキ リベンジ 失敗 ソウダ

痛すぎる船釣り   - 今まで生きてきた中で一番 -

かれこれ1週間と少し前、
会社の同僚に誘われてイサキ釣りに出掛けてきました。
以前、船酔いで地獄過去ブログ)を見たため、
対策もバッチリしていきました。

s-1907釣り 001

ところが去年に引き続き、
今年も海が大荒れ

船酔い薬の限界を超えてきました。
その名も、

「アネロンの向こう側」 (笑)

1707船釣り 0101

そこは、この世の地獄でした。(涙)

果てしない苦しみのど真ん中にいました。
それでも船酔いと坊主だけならまだ良かったんです。
その先があるのです。

と言うのも その日、
船酔いでキャビンの座席で寝込んでいたら、
船が大きく揺れた際に座席から滑り落ちて、
腰を強打したんです。

強烈な痛みに一瞬 気を失ったんですが、
同じく船酔いでキャビンにいた人に、

「あの、大丈夫ですか?」
「スミマセン。えっと、大丈夫です。」

と、その時は思ったのです。

ところが数日後、

私、動けなくなりました。


会社に休みの連絡をし、整形外科に這って行き、
レントゲンを撮ってもらった結果、
椎間板がほとんど無いよと言われた上、
シップと痛み止め薬をもらい、
そして激痛 は治まらず。

翌日、何とかしなければと整体に這って行き、
原因は、筋肉と筋膜のハリだと言われ、
うつ伏せでお尻の筋肉をモミモミしてもらっていたところ、
長時間のうつ伏せでさらに激痛 発症。

翌々日、接骨院に這って行き、
電気ビリビリ、背中のマッサージをしてもらいましたが、
前日と同じく長時間のうつ伏せで、
激痛 変わらず。

そもそも医者に任せているのがいけないんだと、
腰痛についてネットで調べていたら、
「仙腸関節のズレ」 という
キーワードを見つけました。

そして、その症状が私の腰痛にマッチするんです。
すべて謎が解けました。

そこからズレを治す方法を探し、
体操したり、ストレッチしたり、仙骨枕を買ったり↓

s-19仙骨枕 002
仙骨枕つき背骨コンディショニング

で、
なんとか歩けるようになりました。

振り返ってみると、
私の人生で最も悲惨な 釣り体験だったと思います。


そして、今週末も釣りに出かけました。
毎年恒例、四日市の岸壁で、

s-1907釣り 011

サバビアン。

s-1907釣り 009

まだ痛む腰を押さえながら、

s-1907釣り 013

せっせと、サバをさばくのみです。(寒)

痛む腰に冷えは大変危険です。
よく温めましょう。

ではでは。




← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 悲惨 体験 腰痛 強打 仙腸関節 ズレ 仙骨枕