知多四国八十八ヶ所めぐり - 南知多町 北上編 ① -

ブログが滞り始める原因のひとつに、
面倒くさいっていうのがあります。

そしてその原因を作っているのが、
知多四国八十八ヶ所めぐりなんです。

写真だけが溜まる。

私の奥さん(みどりさん)のように割り切った性格なら
撮った写真だけ載せて、
山門、
本堂、
肛門、
ってな感じで終わらせるんですけど、
私は繊細なもんで。(笑)

色々と考えちゃうんです。

という訳で、
3ヶ月以上も前にお参りしたブログを
今頃書いていきます。

気にしない、気にしない、
一休み、一休み。

前回最後にお参りしたのは日間賀島でしたので、
過去ブログ
今回は知多半島先端(師崎)から北上していきます。

ここら辺↓
地図知多四国八十八 南知多


番外 浄土寺 (南知多町)

18知多四国八十八 南知多 浄土寺017

この辺り、私のお庭と言うか、
私がよく釣りに行く小佐漁港のすぐそばなんですけど、
全然知りませんでした。(笑)

お寺に向かう道は狭く、
地元の人しか普通は通りません。

18知多四国八十八 南知多 浄土寺015

まあ、知らなくて当然と言えば当然。

お参りしますか。

18知多四国八十八 南知多 浄土寺020

大師堂。

このお寺、昔から「お亀さん」の愛称で呼ばれていたらしく、
境内には、

18知多四国八十八 南知多 浄土寺024

亀様がいる。(笑)

調べてみると、
その昔、浜に打ち上げられた亀仙人がドラゴンボールと交換で、
ブルマの秘仏を拝んだと伝えられている。

これ、以前書いたなあ。(過去ブログ

半分は嘘ですよ。(笑)

「浜に打ち上げられた亀」っていうのは本当。(笑)

写真の亀が打ち上げられた亀の原寸大だそうです。
甲羅には、「奉大海龍大神」と彫られています。

なんて読むのか私に聞かないでください。
知りません。(笑)

その亀の近くに祠(ほこら)があり、
ブルマの秘仏が隠されているのではないかと想う

18知多四国八十八 南知多 浄土寺021

スケベ心を改心するために、お参りしておきました。

18知多四国八十八 南知多 浄土寺022

はい、次に参りましょう。


第40番札所 影向(ようこう)寺 (南知多町)

18知多四国八十八 南知多 影向寺025

そう、ここ入る。(笑)

18知多四国八十八 南知多 影向寺026

どこかな~、どこかな~?

18知多四国八十八 南知多 影向寺028

山門っぽくないところをくぐり、

18知多四国八十八 南知多 影向寺031

手水やで清め、

18知多四国八十八 南知多 影向寺033

鬼瓦!

なんでやねん!ってツッコミを入れたくなりましたが、
順序に沿ってお参りします。

18知多四国八十八 南知多 影向寺034

本堂。

18知多四国八十八 南知多 影向寺038

大師堂。

この大師堂には、弘法大師、子安大師が祀られており、
さらに大師堂の隣には、

18知多四国八十八 南知多 影向寺039

子安観音の入口があります。

18知多四国八十八 南知多 影向寺041

日本庭園の奥には子安観音菩薩が立てられており、
安産や、子供の健康を願う親がお参りに来るそうです。

最近、長男坊に加え次男坊まで思春期なんだよなあ~。
ホルモンバランスが揺ら揺らなんだよなあ~。

我が家の3人息子の
健やかな成長をお願いしておきました。(笑)


ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 浄土寺 お亀さん 影向寺 子安大師 健康

知多四国八十八ヶ所めぐり - 南知多町 北上編 ② -

前菜なしでいきます。(笑)

第41番札所 西方(さいほう)寺 (南知多町)

18知多四国八十八 南知多 西方寺045

釣りの帰り道に時々通る山海海岸すぐそばにあります。

18知多四国八十八 南知多 西方寺047

境内はいたって普通。

18知多四国八十八 南知多 西方寺049

本堂でお参り。

18知多四国八十八 南知多 西方寺051

大師堂でお参り。

いたって普通。

と思っていたら、
このお寺、釣り師にとっては大変重要なお寺でした。

『魚の供養碑』

すぐに手を合わせ、

「今まで釣らせて頂いたお魚、どうもありがとうございました。」
「すべて大切に頂きました。」
「今後ともよろしくお願いいたします。」

「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」
ブツ、ブツ、、、

18知多四国八十八 南知多 西方寺048

うおおおお!

後光が!!(笑)

お魚様のお告げじゃぁ!!!

今年たくさん釣れたら、
来年もお参りに行く予定です。(笑)


では、次。

第42番札所 天龍(てんりゅう)寺 (南知多町)

18知多四国八十八 南知多 天龍寺053

三男坊が妻みどりさんに甘えながら、
山の方向に進みます。

18知多四国八十八 南知多 天龍寺054

到着。

18知多四国八十八 南知多 天龍寺055

正面が本堂。

「厄除け」のお寺としても有名だそうです。
私、やっと後厄抜けました。(笑)

18知多四国八十八 南知多 天龍寺060

大師堂。

お参りしていたら、面白いものを発見。

18知多四国八十八 南知多 天龍寺057

『愚痴聞き地蔵』

はてな?
と思い、矢印に向かってみると、

18知多四国八十八 南知多 天龍寺062

おおお!

『愚痴聞き地蔵』 さまじゃ!


以下、妻みどりさんとの会話。

(私) 「みどりさん、普段のうっ憤を吐き出してみたら?」
(み) 「え、いいよ。遠慮しとく。」

(私) 「せっかくだし、子供の不満とかないの?」
(み) 「え、いいよ。パパ傷つくし、いいよ、いいよ。」


(私) 「俺かい!」


夫に対するご不満がございましたら、
こっそりと『愚痴聞き地蔵』のもとへお訪ね下さい。


ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 西方寺 供養碑 天龍寺 厄除け 愚痴聞き地蔵

知多四国八十八ヶ所めぐり - 南知多町 北上編 ③ -

今週は風が強くて釣りに行けないため、
ためていたブログを書きます。

ご了承ください。(笑)


第43番札所 岩屋(いわや)寺 (南知多町)

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺065

由緒あるお寺らしく西暦715年に創建されたとあります。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺068

本堂。
大師堂も本堂の中にあります。

お参りをして本堂の外に出ると、
境内の石畳が色々な場所へ連れて行ってくれます。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺071

まずは地蔵さん。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺072

南無阿弥陀の旗がなびいているから、
阿弥陀堂かな。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺073

鳥居に笠森稲荷と書かれているから、
お稲荷さん。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺076

二重塔。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺077

まだまだ続く。

旗は、南無身代弘法大師。
阿弥陀堂?

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺080

南無観世音菩薩と旗には書かれています。
阿弥陀堂?

その横に、

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺081

山へ続く階段があります。
黄色い案内看板には、「大師ヶ岳参道」と表示。

登りますか?

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺082

登りますよね。(笑)

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺083

いきなり案内看板から外れてしまい、
頂上にあると思われる弘法大師像には辿りつけませんでした。

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺087

残念。
またの機会に。

先程お参りし忘れたお稲荷さんで、

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺091

宝くじが当たりますようにと、

18知多四国八十八 南知多 岩屋寺090

ぷっ、あははは。

三ちゃんのお参り姿が可愛すぎる。

お尻を突き出さないで! (笑)

えっと、なんだっけ?


あかん、もう当たらんわ。(笑)



はい、次のお寺に向かいましょう。

番外 奥之院 (南知多町)

岩屋寺でご朱印を頂いた際に、
ご住職が道を教えてくれました。

18知多四国八十八 南知多 奥之院096

岩屋寺から一本道。

18知多四国八十八 南知多 奥之院097

歩いて約5分。

18知多四国八十八 南知多 奥之院103

山門に到着。

さらに奥へと歩いていくと、

18知多四国八十八 南知多 奥之院109

なぜなんだ、三重塔

この場所 3ヶ月前(2月初旬)に来ていたんですけど、
澄んだ空気が印象深くて、
ゴールデンウィークにオッサンと再訪問していました。

1805GW 031

2週間前。(笑)

1805GW 034

小川でアメンボを探すオッサン。
ついでにUP。(笑)

三重塔の手前には、

18知多四国八十八 南知多 奥之院111

くるま六地蔵。
どっかで見たなあ。(過去ブログ

奥へ進みますか。

18知多四国八十八 南知多 奥之院112

階段を登り、

18知多四国八十八 南知多 奥之院114

もう少し。

18知多四国八十八 南知多 奥之院118

大師堂。

このお寺、
弘法大師が百日の護摩修行をし建てられたそうです。

身代わり弘法大師のお寺とも呼ばれ、
それが証拠に、

18知多四国八十八 南知多 奥之院119

お札を大師堂の外にある大師像に貼ると、
身体の痛みが治るそうです。

オッサンがお参りした際は、

1805GW 033

頭に貼る?

痛いのと悪いのは意味ちゃうで! (笑)

でもオッサン、大丈夫。
健康があれば何でもできる。

でもいつからだろう、
だんだんと歳を重ねる内に
自分の身体よりも家族や人の健康を願うようになったのは。

この日は、家族のためにお参りしておきました。

皆様もお体を大切に。


ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 岩屋寺 奥之院 身代わり 大師 痛い 貼る