モエビが採りたくて  - 仕掛けを作ってみる -

釣りをする人なら知っていると思いますが、
モエビという生き物がいます。

川や沼などに住む小さいエビのことです。
沼エビ、シラサエビ、スジエビなど何種類かいて、
私もよく分かりません。

ただし魚釣りに関しては、
メバル、クロダイなどが釣れる特効餌
と、言われます。(笑)

実は私、
今まで一度も使ったことがありません。
理由は、餌の管理が面倒くさいと聞いていたから。

モエビはあまり強い生き物ではないため、
ブクブクを使わないとすぐに死んでしまいます。

死んでしまうと、
特効餌から普通の餌に変わります。

なるほど、面倒くさい。(笑)

という情報を基に、
前回のブログで完成した餌箱に
ブクブクを追加しました。

16餌箱ブクブク追加

展開が早過ぎる。(笑)

初めから、モエビ専用の餌箱が作りたかったのです。
バレてしまいましたね。(笑)

あとは、モエビを入手するだけです。
モエビ、1杯 500円~700円

高いよ!

自分で採取できないだろうか?
川や、沼にいるんでしょ?

捕まえてみましょうよ。

という訳で、
生物博士と巷で呼ばれている、私の次男坊を弟子に従え、
モエビ採取作戦を実行します。

まずはペットボトル。

16ペットボトル仕掛け01

マジックで切る場所に線をつけます。
はい、先生。

じゃ、切って下さい。

16ペットボトル仕掛け02

絶対に指を切らないように。
はい、先生。(笑)

16ペットボトル仕掛け03

続けて、穴を開けてください。

16ペットボトル仕掛け04

半田ごてを使ってしまいましたが、
穴が空けれれば、何でも良いです。

この穴で、仕掛け内の餌の匂いが拡散されます。
大きい穴空けてしまうと、
エビが逃げてしまうのでご注意下さい。

では、紐を用意。

16ペットボトル仕掛け05

100均で売ってます。
これを2~3メートルで切って、
先程のペットボトルに取り付けます。

16ペットボトル仕掛け06

これに、餌と石を入れ、
切り取ったキャップを逆に付ければ完成。

こんな感じ↓

16ペットボトル仕掛け07

餌は、ベーコンとか、魚の切り身とか、
米ぬかとサナギ粉を混ぜたものとか、
色々あるみたいです。

私は今回が初めてのため、
以前、穴釣り用で作った練り餌を入れることにしました。

16ペットボトル仕掛け08

それでは、仕掛けをしかけに行きますか。

16ペットボトル仕掛け10

私の家から歩いていける貯水池
果たしてモエビは居るのだろうか?

16ペットボトル仕掛け13

ちゃぽん、と浅瀬に仕掛けておきます。


翌日
三男坊も一緒に付いてきました。

16ペットボトル仕掛け09

弟子はしっかりバケツを持ちましょう。(笑)

仕掛け回収。

16ペットボトル仕掛け11

果たして?

16ペットボトル仕掛け12

なんじゃこりゃ!?

ペットボトルを2つ仕掛けて、
モエビはゼロ
小魚が一匹だけ入っていました。(笑)

別の場所にトライしてみます。

残念。(涙)


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : モエビ 採取 仕掛け ブクブク 餌箱 ペットボトル 小魚 残念

モエビ採取作戦 その2  - 試してみることが大切 -

前回ブログに引き続き、
今週もモエビ採取作戦に出掛けてきました。

自宅から車で少し走り、近くの小川に到着。
流れが緩やかで、水草も多い。

16ペットボトル仕掛け201

こういう所に居るんじゃないですか?(笑)

懸念材料と言えば、まだ2月
寒×2 (さむさむ)です。

エビって冬眠するんでしたっけ?

まあ、いいや。
何事も挑戦してみることが大切です。

16ペットボトル仕掛け202

仕掛け1ヵ所目。
水草の陰を狙ってみます。

16ペットボトル仕掛け203

仕掛け2ヵ所目。
水の流れが緩んだ場所を狙ってみます。


翌日。
次男坊に急かされながら、
仕掛けの場所へ。

16ペットボトル仕掛け204

2回目ともなると、我が弟子も手馴れたもんです。(笑)

16ペットボトル仕掛け205

果てさて。

16ペットボトル仕掛け206

おおお!

お玉じゃくし!!

エビも居る!!!

16ペットボトル仕掛け207

手長エビの赤ちゃん?
これって、モエビになるのかなあ?(笑)

結局、この1匹だけ。

仕掛けを全部上げた後にタモでザクザクやってみましたが、
同じ手長エビの赤ちゃんが、もう1匹採れただけでした。

来週、釣りに行こうと思っているけど、
仕方がない。


モエビ、買うか!(笑)



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : モエビ 採取 作戦 小川 流れ 緩やか 次男坊 弟子 手長エビ 赤ちゃん

風と風邪と寝坊  - イガイ飼育器を作ってみました -

すみません、しばらく眠っていました。
久しぶりにブログを見たら、変な広告が出ていました。

このブログで解消します。(笑)


さて、ゴールデンウィークから約1ヶ月、

釣りに行こうと思っては、風邪を引き、
釣りに行こうと思っては、強風で仕切りなおし、
釣りに行こうと思っては、寝坊して落ち込む。

と、散々な1ヶ月を過ごしておりました。

実際、この1ヶ月の記憶が定かでありません。
何かしたような、何もしていないような、
う~ん、何をしてたんだ? (笑)

ブログのネタを探していたら出てきました。
洗濯機の横から。(笑)

その名も、「イガイ飼育器」

この1ヶ月間の唯一の成果です。

とは言っても、イガイの生存率は、
1週間で 70%くらい、2週間で 50%くらいなので、
あまり役に立つかどうかは分かりませんが、ご紹介します。

まず用意したのが、
100均で買ってきた同サイズの虫箱 3つ。
 ※ ちなみに、100円では買えません。
あとは、循環ポンプ、板、針金、パイプ、冷却ファンです。

まず、虫箱 2つの底に2~3mmくらいの穴を全体的にあけます。

1706イガイ飼育 020

こんな感じ。

右側の中心に 1センチくらいの穴が1つあいています。
その理由は後ほど。

さらに左側面に付いているのは、水温計です。

1706イガイ飼育 023
きんぎょの水温計 ブルー 水槽用

イガイは、水温29度以上で死んでしまうそうです。

今回、虫箱を3つ使って 3層の循環器を作ります。
一番下の箱は、穴を開けていない虫箱を使い、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 030
Aukru 小型 水中ポンプ

2層目は、穴のあいた虫箱にイガイを入れ、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 027

3層目までポンプの水を持ってくるようにすると、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 042

一番下の層に海水を貯め、ポンプで一番上の層まで汲み上げます。
一番上の層と、2番目の層の底に穴が開いているため、
そこを通って、海水が一番下まで落ちます。

イガイは2番目の層で飼育します。

1706イガイ飼育 038

ポンプに付けたパイプの先端に、板を針金で取り付けています。
これがないと、海水が箱の外へ溢れ出てしまいます。

そして、フタに冷却ファンを取り付けます。

1706イガイ飼育 043
テトラ クールファン CF-30 NEW

最後に人工海水を作って、

1706イガイ飼育 050
テトラ マリンソルトプロ 100L用

ポンプで循環させれば完成。

1706イガイ飼育 047

今回作ったイガイ飼育器の下に少し見えていますが、
カニも同じような方法で飼育しています。

こちらは、1週間に2回の水替えで何ヶ月も生きています。

で最初にも書きましたが、イガイ飼育器の成果は、
毎日の水替えで、1週間で 70%くらい、
2週間で 50%くらいの生存率です。

非常に難しいです。

一匹でも貝が死ぬと、海水が茶色く濁り、
それが理由で他の貝も死んでしまいます。

なので、
毎日の水替えは必須です。(涙)


イガイ飼育器を作り始めようとしたきっかけは、
釣具店で買ったイガイのダンゴが余ってしまい、
せめて1週間は生かそうと思ったのです。

ところがどっこい、
イガイってとっても繊細なんです。

え~、意外! ( ※ はい、オヤジです。)


温度に弱いし、呼吸はするし、海水の汚れに敏感だし、
色々、面倒くさいです。

という事を、実は解っていたんです。

何年か前に、イガイの飼育に失敗していますし。
冷蔵庫がエライことになりました。
(※ イガイって死ぬと臭いんです。涙)

まあ、今回の飼育器は、
1週間限定のイガイ生存機と言うところでしょうか。

という訳で、2週間生かしたイガイを連れて、
今週、黒鯛チャレンジに出掛けてきます。

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : イガイ 飼育機 一週間 限定 繊細 難しい