テトラの穴釣り  - 自作ロッド チャレンジ -

テトラの穴釣りに行ってきました。
私の専門は、落とし込みの黒鯛狙いですが、
会社にいると色々付き合いもありますもんで。

さて、テトラの穴釣りとは?とのご質問に対し、(誰の?)
ご回答させて頂きやす。

テトラとは、別名「消波ブロック」 とも言いまして、
堤防の横に置いてある多角形の形をしたコンクリートブロックです。
このブロックの隙間には、
たくさんの「かわい娘ちゃん」が隠れるスペースがあり、
その娘を狙って口説く(釣り上げる)訳です。

かわい娘ちゃん」が隠れている隙間を「」 と呼ぶのですが、
テトラはとても滑りやすいため、「」 に落ちるヤツが度々現れます。
いわゆる、「穴があったら入りたい」 ってヤツです。

私の会社でも、「穴」に落っこちて抜け出せず、
同僚に引っ張り上げられた人がいました。
その後 その釣り場は、「鶴瓶(仮名)テトラ」と名付けられております。

以上が、「テトラの穴釣り」 と呼びます。(落ちる所まで含)


今回、穴釣り専用ロッドを自作しました。
と言っても、自作用の穂先、U字ガイド、リールを付ける柄の部分を買ってきて、
落とし込み竿の縮小版って感じの簡単なものです。
総工費: 3500円くらい
製作時間: 1日くらい

自作 穴釣り竿

結果ですが、めっちゃいい。
U字ガイドのおかげで、
かわい娘ちゃん」 の反応が手に取るように分かる。

いやん。 つんつん」
本当?
いやん。 つんつん」
本当?
好き。 パクッ。」
僕も!バシッ!」(釣りあがる)
手に取るように分かる。(笑)

会社の同僚が口説き文句で苦戦している間に、モテモテでした。
釣果はと言いますと、で~ん↓

20140427 釣果

カサゴ か ソイ 17匹
●ンポ 1匹
季節外れのハゼ 1匹

中潮、晴れ、満潮時間(4時半頃)、釣り時間 3時間(6時~9時) でした。
※ ●は、カタカナのギ

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : テトラ 穴釣り 自作 ロッド 穴釣り専用 モテモテ

うなぎ釣り 二日連続

二日連続でうなぎ釣りに行ってきました。

会社の上司が、「うなぎ釣り」 がしたいと 念じていらっしゃいましたので、
是非、私めがご一緒させて頂きます。

1日目は下見を兼ねて、長男坊、次男坊と一緒に行ってきました。
うなぎ釣りする場所ですが、基本、海とつながっていて、
うなぎがのぼれる川であれば、どこでも釣れます。(たぶん)

ちなみにいつも行く川辺はこんな感じ↓。
うなぎ釣り 川辺

うなぎ釣りのやり方は、「うなぎ ペットボトル」で検索くださいまし。
釣り自体は、完全に「待ち釣り」ですから、
釣れない日は、ず~と待ちぼうけです。(かなり退屈です)
うなぎの蒲焼だけが、唯一の楽しみになります。

釣果ですが、1日目は、うなぎ(小) 3匹、なまず(小) 1匹でした。

うなぎ釣り

子どもの校外学習みないなもんですかね。(笑)
(川辺は真っ暗になりますから、子どもと行く時は細心のご注意を。)

と言いつつ、子供の前で2回ほど川に落ちています。
パパぁ! 大丈夫?
(この言葉、結構堪えます。)

、大丈夫、大丈夫。」
じょっボーンッ! (2回目)
細心のご注意を


2日目、接待本番。(笑)
神様、お願いします、うなぎ釣れて下さい!!

祈りが通じたのか、19時半頃から釣れ始めました。
仕掛け投入が18時だったので、それまでの1時間30分、長かった~。
ところが、数は釣れるが、ぜんぜん大きくない。
さらに、引きの強かった獲物が、あと少しという所で糸切れ。
(2回バラシ)

さらにさらに、もっとも大きな獲物が「なまず」という結果。
しかも超巨大。(後で図ったら49センチ)
上司は一度、「なまず」を自分でさばいて食べて、3日間会社を休んでいる。
トラウマ全開です。

結局、何匹釣ったのか分からないまま終了。
釣れたうなぎ(中? 1匹、小 5匹くらい)は、上司にお持ち帰り頂き、
トラウマ巨大なまずは、私が頂きました。
どうすんの、これ? ↓
巨大なまず

毎度のことですが、うなぎ釣りに行った後は、精根尽きています。
翌日、朝10時まで寝てました。
(まず、なまずを さばかねば。)

中潮、晴れ、満潮時間(18時半)、釣り時間 2時間半(18時~20時半) でした。

← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : うなぎ釣り 巨大 なまず 二日連続 トラウマ

テトラの穴釣り 再確認

最近、釣りの話ばっかりになってきてます。
ちなみに このブログは、釣り専門ではありません。
という訳で、今回も釣りネタで。(笑)

前回、テトラの穴釣りで爆釣れを経験してきましたので、
今回、本当に釣れるのかを確認しに行ってきました。

前回とは別の漁港で、水深は 50cm~1mくらい。
浅場の「」狙いです。

そ~と 「穴」 に入れていくと、ビビンッ!(早い! カサゴ君)
同じ「穴」 に再度入れてみると、ビビビンッ!!(また早い! ソイ君)
もういない? と同じ「穴」 に、ビビビビンッ!!!(おおぉ! カサゴ君)
もういないでしょ? ともう一回、くうんくうんバラシ

え? なになに?
そ~と入れる、くうんくうんおおバラシ

どうゆうこと?
もう一回、くうんくうん、(じっと我慢)、くううううん!!あん
おおお、きたー!
おおおお、●ンポ君!

同じ穴からは アタリがなくなったので、
ちょっと場所を変えてみますか?
この「」はどうですか? 
なんか 匂いますか? ん?

そ~と入れる、 くうん、くうん。 え? また。
おっす! ●ンポ君

もう一回、 くうん、くうん、 本当?
ちーす! ●ンポ君

さらにもう一回、 くうん、くうん、 まじか?
ナイス! ●ンポ君

これは、これは、これは
●ンポの穴!!!(決して下ネタではありません。)
すげーーー!
匂いましたね。(笑)


そんなこんなで遊びまして。

結果:
 ●ンポ君 6匹
 カサゴかソイ君 16匹 (終盤、かなりリリースしました)
 ハゼ? 1匹

●ンポ君の穴


結論:
 釣れます。●ンポ君の穴


帰宅後、みどりさんに今日あったことを報告。
熱く語っていたら、思わず、「チンポの穴」と叫んでしまいました。
そばで聞いていた3坊主が、それぞれ、ほれ、僕の●ンポ、ふりふり
なんだそれ、ちっちぇー
食えんぞ!

とまあ、アホな家族と遊びつつ、夕食は天ぷらを頂きました。
お魚たちに感謝。

ギンポ等の天ぷら



中潮、晴れ、風強い、満潮時間(7時半頃)、釣り時間 4時間半(6時~10時半) でした。
※ ●は、カタカナのギ (決して、下ネタではありません)


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : ギンポ 穴釣り ●ンポの穴 天ぷら 爆釣れ 下ネタ

テトラの穴釣り  - ギンポ先生 お願いします -

またまた 今朝、行ってしまいました。
テトラの穴釣り

まだ餌が余っているのと、自作ロッドを使い始めてから、
ギンポ君(※)の囁き(ささやき)が分かるようになったからです。
いやいや、本当に面白い

今回、釣り場にデジカメを持って行きましたので、
実況中継 を交えながら 紹介しようと思います。

『では、ギンポ先生 お願いします。』

「おいら↓が、ギンポだす。よろすく。」

ギンポ先生


おらの顔見て笑うでねー失礼だがや。

ここが↓、おら達の住所、南知多郡 テトラ3丁目-12番地ずら。

テトラ

おら達の家は かなり狭いっから、よーく探さんと分からんずら。
見るッペか?

ポイント テトラの穴

なんずら、この写真は!!

ぷんぷん 匂うって、どうゆうことずら。
なんかと勘違いしとらんか。

だいたい この季節になると、
最近のおっさんたちが、玄関に食いモン
放り込んでいくんだ。
えー加減にせんといかんわ


↓こんなんを、

仕掛け 餌付き

↓こんな風に、

仕掛け投入2

↓こんな感じで、

リリースメバル2

勝手に 食っちまうんだ!

えー加減せんといかんわ


友達には ゆーとるんだ。
ピンク色の誘惑には 気をつけろ!」って。
チンポヤケドするぞ!」って。


あっギンポ先生もう結構です。 ありがとうございました。』

さて、本日の釣果ですが、

ギンポ先生 8匹
ソイか カサゴ 19匹
ハゼ? 1匹

釣果2

釣果1

でした。

お疲れ様でした。

中潮、晴れ、海水透明、干潮時間(9時半頃)、釣り時間 4時間(5時半~9時半) でした。

※ ギンポ君を、●ンポ君って書くの、やめました。
  時々、チンポ君って読んじゃう人がいるから。 (友人オッサンとか)
  まだ 読み違えていない方は、以前のブログで。
  決して下ネタではありません。(笑)


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 穴釣り テトラ ギンポ 先生 自作 ロッド

あ~ あ~ 潮の流れのよ~に~ ♪  ‐ 海が小潮に変わるだけ ‐

買ったばかりのウエットスーツを試したくて、
釣りに行きたいとウズウズしてました。

ようやく週末
はやる気持ちを抑えつつ、翌日の天気と潮の流れを確認。
ヤフー天気を見た瞬間に、がくん!

小潮

潮6月21日


この潮の移り変わり、釣り好き玄人になると、必ずぶち当たる問題です。
知らない人のために、潮まわり講座 です。

地球、というか、人間、動物、植物も、月の引力の影響を受けています。

満月新月の時に、予定日から外れて赤ちゃんが産まれたり、

ダンディーな旦那様が、予想外にワイルド アニマルに変わったり、

清楚な奥様が、予告外に黒いパンツを履いてみせたり、
(みどりさんじゃありませんよ、たぶん。)

と、色々な (笑) 影響を受けています。
そして、も  同じく影響を受けてます。

潮まわりと呼ばれる 「潮の動き」は、夜 見える 「月の形」と完全に一致します。
大潮 は、満月と新月。
中潮 は、満月から少し欠けた形、細い三日月。
長潮若潮 は、半月前の満ち欠け月。
小潮 は、半月。

だもんで、明日の潮まわり何かなあ?って思ったときは、
月の形を見れば判っちゃいます。

ここからが肝心なんですが、どの潮まわりが一番釣れるのか?ってこと。
残念ながら、「明確な答え」はありません

でも1つ言えることは、釣り易い釣り難い、があるってこと。

大潮は、月の引力を最大に受けて、1日の潮の動きが一番大きくなります。
つまり、
海水面が高くなる → 「満潮
海水面が低くなる → 「干潮
最も大きくなります。

反対に、「満潮」と「干潮」の差が 最も小さいのが、小潮です。

ですので、この差を大きい順番に表すと、
大潮 > 中潮 > 長潮 > 若潮 > 小潮 になります。

月の満ち欠けと同様に、上の順番通り、右から左、左から右へサイクル(繰り返し)ます。
だいたい、右から左の半サイクルで、1週間ちょっと。

月が、地球のまわりを 1回公転する度に、
大潮 (満月) → 小潮 → 大潮 (新月) → 小潮 → 大潮 を
約1ヶ月にわたり 繰り返します。
(まさに、神秘です!)

また、「満潮」と「干潮」は、地球の自転と、月の引力で起こっているものなので、
1日の内、だいたい6時間ごとに「満潮」と「干潮」を繰り返しています。

ややこしや。
でも覚えていないと、潮干狩りに行ったときに、
海がいっぱいで、砂場が見えないよ、パパ!」って
言われちゃいます。
さらに、
やっぱりダメね、パパは。」 (トドメ刺されます。これで1サイクル)

※ 潮干狩りは、大潮の 「浣腸 (干潮)」狙いです。 (笑)


だいぶ話が逸れましたが、言いたかった事は、
釣りに行きたかった日が 「小潮」 だったってこと。

この「小潮」、黒鯛釣りには鬼門でして。
私の経験上、あまり良い思い出がありません。

理由としては、この「小潮」の時、「満潮」が お昼頃になってしまう。
自然の法則
つまり、「干潮」が 朝方夕方になります。

私の釣り場、浅瀬
私の釣り時間、早朝、または、夕方

ダメじゃん

まあ、小潮だから、「干潮」でもそこまで海水面は低くないのですが、
どうせ釣りに行くのなら、たくさん釣りたいじゃないですか。
欲張りの法則

という訳で、作戦変更
潮に振り回されずに釣れる釣り。
つまり、
テトラの穴釣り
に決定。

来ちゃいました。

朝のテトラ

穴釣り結果(苦戦してます)は、次回まで。

では、よい週末を


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 講座 潮まわり 小潮 月の形 月の引力