あさりの酒蒸し

友人のオッサンと、私の家族とで出かけた潮干狩りは、
バケツ半杯の成果でした。
当日帰らなければならなかったオッサンには、
活け活けきゃぴきゃぴ の「あさりちゃん」をおみやげに持たし、
我が家は、塩抜きを横目で見つつ、
ケンタッキーを食べたのでありました。

塩抜き

塩抜きの基本は、海水塩分濃度 3.1~3.8%だそうで、
水1Lに対し、塩31~38gとのこと。
オッサンには、「まあ、40gぐらいじゃね。」 と適当に答え、
翌日のメールには、「あさりの頭が出てこんけど、全滅したんじゃね?」 と、
仏を愛してやまない私には、殺生過ぎる言葉が書かれておりました。
(結果的には、生きていました。環境(濃度)が違うと引き込もるヤツでした。)

そんなこんなで塩抜きを1日やりまして、
あさりちゃん ウィズ お酒 @ フライパンでタイトル通りです。

潮干狩り

息子3ガブリン、飲ん平1ガブリン、みどりさん1ガブリンで、
はっ?っという間。
消えました。

日本酒をちびちびとやりつつテレビを見ていたら、
本当に「はっ?」という間。
無くなっちゃいました。

昔だったら、「みどり、お前も遠慮しないでお食べ。」 なんて、今は、
マジで「はっ?!」という間。
(しつこい)

我が子の成長を喜びつつ、「はっ?」って思ったことも忘れつつ、
オッサンに渡した「あさりちゃん」 のことを想っていたのでした。
あの娘、元気かなあ。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : あさり 酒蒸し 潮干狩り オッサン

揚げあんかけと、お味噌汁

釣りに行った後のもう一仕事。
魚の下処理です。

今回の場合、全部で19匹。
疲れた体にムチ打って、ボロボロになりながら魚をさばくのも、
健全なる釣り師の姿です。
そこには、美味しいものを家族に食べさせたいとの
」 しかありません。
」だけです。
愛一食」 (しつこい)

まずは、釣った魚をまな板にのせて、
20140427 釣果

1匹ずつうろこを取る。「ま~れ~ひだり。●ンポ君、暴れない!」
うろこ取り

3枚におろして、(この時点で、「明日のジョー」 になってます)
3枚おろし

頭と中骨は、お味噌汁のだしになります。
(頭の写真は、心臓の弱い方に配慮し、カットします。)

所要時間: 約1時間 (愛一色です。)

料理は、みどりさん専門ですが、簡単に説明しますと、
身を片栗粉でパンパンし、180℃の油でカラッと揚げる。(輝き1カラット

あんは、頭と骨のだし汁(鶏ガラでもO.K.)と、しょうゆ、酒、塩少々、片栗粉で
味をみながら適当に作ります。

から揚げの上に、あんかけをかけて出来上がり。(その輝き プライスレス
揚げあんかけ

味噌汁の写真は、お汁から魚が顔を出しちゃった(が合っちゃう)ため、
心臓の弱い方を配慮し、カットします。

家族一同、美味しく頂きました。
お魚たちに感謝。

※ ●は、カタカナのギ
← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 揚げ あんかけ 穴釣り 味噌汁 釣り師 下処理

うなぎ、なまずの蒲焼

うなぎ紀行から帰還しまして、疲れもとれたところで
うなぎと なまずを さばいていきます。

うなぎ(小) 3匹、なまず(小、巨大) 各1匹。

まずは、うなぎから いきますか。
水で洗って、冷蔵庫に入れっぱなしにしておいたのですが、
翌日でも普通に生きてます。
冷蔵庫から出して、まだ動きの鈍い間に さっさと さばいてしまいましょう。
(目を覚ますと、激しく暴れます。恐怖です。)

頭を釘打ちしてから、中骨にそって片側を開いたら、
中骨をそいで、内臓を取って終了。

うなぎ さばき

結構 簡単。

次になまず。(巨大なヤツから)
めったに釣れないので、いつも適当にさばいてます。

巨大なまず まな板


まずは、背から包丁を入れて、
ぎゃああああああ、動いたらいかーーーん!!!

うおおおおおおおおがやばーーーい!!!

尾がパチパチしたああああああ、
なんか目に入ったーーーーー!!!!
ひいいいい。
堪忍して。


あかん、これは写真に撮れない。
身だけ撮ろうか?
いや、ダメだ。
そんなこと、なまずに失礼や。
しかも、この惨状を分ってもらえない。
結論: 
 写真、割愛します。(泣)

とりあえず、コーヒー飲んで、一息つきます。
ふう~う。

なまず、もう1匹いるやん!


さてと、なまず(小)をさばき終えたら、焼いていきましょうか。

うなぎ 焼き始め

20分~30分、よーく焼きます。
焼きがあまいと、泥臭いです。

うなぎ 焼き終わり

蒲焼のタレをつけて、また軽く焼きます。
なまずも同じ要領で。

って、もう先に食べてるやん!
写真撮れてないやん。

うなぎ、うまい!
小さいなまず、うまい!
大きいなまず、あれ? 

ん? あかんぞ
んん? 
身はぷりぷり、でもうなぎを強烈にした匂いと、後味が、
くさーーい!

慌てて、なまず関連サイト検索。
そっかーーーーぁ、泥抜きし忘れたーーーーぁ。
やっちまったーーーぁ。

教訓:
 なまずの泥抜き、忘れずに。
 ご利用は 計画的に。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : うなぎ なまず 蒲焼 泥抜き くさい

インドカレー  - 愛しき恋人の香り? -

やっと 週末がやってきました。
ゴールデンウィークから たった3日過ぎただけなのに、
もう半月以上経った感覚です。
初日からトラブル、課題 続きで、きのうの仕事帰りはヘロヘロでした。

家に帰ると、なにやらいい香り
疲れた体に染み込む感覚というか、ほっとするんです。
一瞬で分かります。
その香りの正体は、大好きな インドカレー

みどりさんのインドカレー

以前は、私の趣味で インドカレー(週末限定) を作っていたんですが、
最近は みどりさんが、普段のごはんとして作ってくれてます。
私の作ったカレーよりも美味い!っていうのが、悲しいところです。

趣味は、毎日の仕事には敵いません。

残念(古)


さて、インドカレーをお店で食べると、約1000円~2500円はします。
以前はよく行きました。
でも、高い!
お金が続きません。

ならば作ってしまえ!というのが、ボンビーの発想。
作り方は、いたって簡単。
ただ、材料をそろえるだけです。

今は、便利なネットショッピング。
これがなかったら、インドカレーを作ることはなかったでしょうね。
スーパーで材料を買うと、ちょっとしか入ってないカルダモンの瓶が、
アホみたいに高いですし。

もし そんな瓶をスーパーで買ってきちゃったら、
妻 みどりさんに、
「なんで、そんなもんに 引っかカルンダモン!」って、

有り得ません! (ダジャレも 買ってくるのも。笑)


では 材料をそろえましょう。
私がいつも使っているのは、「e-エスビーフーズ」というネットショップ。
ここで そろえるのは、

① クローブ、
② カルダモン、
③ シナモン、
④ ローレル、
⑤ ターメリック(パウダー)、
⑥ コリアンダー(パウダー)、
⑦ クミン(パウダー)、
⑧ チリペッパー または、カイエンペッパー

インドカレー 材料

8種類です。
基本、これだけあれば、
肉を変え野菜を変え色々なカレーができます。

さて、作り方の紹介といきたい所ですが、それはまた 次回ということで。
(書くのに時間がかかりそうなので、スミマセン。)

ではでは、よい週末を


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : インドカレー 材料 そろえ方 カルダモン

根魚の煮つけ と ギンポの天ぷら

テトラ穴釣り - ギンポ先生 - 紀行で釣れたお魚たちは、
煮付けと、天ぷらで頂きました。

根魚の煮付け 
根魚煮つけ

メバルやカサゴなどの根魚が大量に釣れた時、魚を1匹ずつ3枚におろしていると、
太陽系の果て(台所の隅っちょ)で叫びたくなります。

ですので、うろこと内臓だけ取ったら、煮付けてしまいましょう。

作り方は、鍋に日本酒 と 水 (2 : 1 くらい) を入れて沸騰させ、
そこに、うろこを取ったお魚を入れます。
そして、味をみながら、しょうゆ、みりん、砂糖 (1 : 1 : 少々) を加えるだけ。

味が調ったら、アルミホイルで落し蓋をして、5分くらい煮たらおしまい。
簡単です。
そして、美味い!

残念なのは、から揚げや、天ぷらと違い、小骨が多い。
口の中で小骨をとっていると、味が薄くなって、ごはんが減らない
それでまた、魚をつついちゃうから、やっぱり ごはんが減らない

てな訳で、

 うまい! もう1品! (ってな 古いCM みたくなっちゃう。)

何かもう一品用意しておきましょう
。(笑)


続いて、ギンポの天ぷらです。
ギンポ先生にご教授頂いたのに食べてしまうなんて!って、
を持って 食べさせて頂きます。

ギンポは、うなぎの時と同じように、頭に釘打ちをして 3枚におろします。
尾びれ、背びれも硬いので、切り取ってしまいます。

後は適当な大きさに切って、塩、こしょうをまぶし、
水溶き天ぷら粉を付けて、でカリっと揚げます。
水溶き天ぷら粉は、よーく冷やしておくのが、カリっと揚げるコツです。 (元うどん屋店長 談

ギンポの天ぷら
ギンポ先生天ぷら

ギンポの天ぷらは、魚の臭みが一切なく、ちょうどよい弾力で口当たりがいい。
噛んでいると上品な白身魚の味がします。
美味いです!

ぜひ、ギンポ先生が釣れた時はお試しあれ


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 根魚 煮付け ギンポ 天ぷら 作り方