’17年 みどりさんのバースデー  - カルボナーラと、ピッカータ -

さて今年もやってまいりました、妻みどりさんの誕生日。
ここ何年か同じ質問。

「何が食べたい?」 (過去ブログ

「美味しいもの

この回答、去年と同じ。
成長しなさいよ。(笑)

「じゃ、考えといて。」
「ほい。」


で、2日後、

「美味しい、カルボナーラが食べたい。」
「それだけでいいの?」

「あとは、任せますわ。」
「ほい。」

てな訳で、いつものレシピ本↓を開きます。

16パパママ誕生日07
基本のイタリアン

カルボナーラは 以前に何度か作ったことがあるので、
たぶん問題ないでしょう。

あともう1品を何にするのか少し悩みました。
どうせなら、初めて食べる料理を作ってみたい。

上のレシピ本をパラパラとめくっていたら、
「お?」 っという料理を発見。

じゃ、作っていきましょうか。
その名も、「ピッカータ」

材料は、① 豚肉のヒレ肉。

1706誕生日 002

叩いて伸ばして、お肉の準備完了。

1706誕生日 003

② 赤ワイン

1706誕生日 015

一番安かったワインを買ってきたんですけど、
普通に美味い!

あやうく、飲み干すところでした。(笑)

赤ワインを鍋に入れ、グツグツと1/3の量になるまで煮立てます。

1706誕生日 010

③ デミグラスソース

1706誕生日 012

レシピ本を見たとき、このデミグラスソースに惹かれました。
なんか、特別な感じがするんですよね。(笑)

このデミグラスソースを先程の赤ワインに足して、
さらに煮込みます。

1706誕生日 014


④ 生クリーム

1706誕生日 020

たった200mlしか入っていないのに、1箱 390円。
カルボナーラ(5人分)も合わせ、4箱買いました。

合計、1600円!

うう、高いなあ~。

と思いながら、煮立っている鍋に入れます。

1706誕生日 018

あとは、塩で味を調整してソース完成。

⑤ 卵、薄力粉

1706誕生日 025

準備しておいた①の豚肉に塩コショウ、薄力粉をふり、
といだ卵の中に通して、フライパンで焼きます。

1706誕生日 031

こんがり両面が焼けたら、お皿に盛り付け。

1706誕生日 030

そこに、完成していたソースをかけて、
イタリアンパセリをのせたら完成。

1706誕生日 034

案外、簡単だった。(笑)
食べた感想は、のちほど。


お次は、「カルボナーラ」
作るのは久しぶり。

ぱぱっと作ってしまいましょう。

材料は、① ベーコン

1706誕生日 006

オリーブオイルを大目に入れたフライパンで炒めます。

1706誕生日 008

オリーブオイルに味がうつったら、ベーコンを取り出します。

② 玉ねぎ

1706誕生日 037

フライパンに残ったオリーブオイルで玉ねぎを炒めます。

③ 生クリーム

1706誕生日 020

④ 卵 (※ 但し、卵黄のみ使用)

1706誕生日 022

生クリームを卵黄を混ぜておき、一旦準備完了。

さて、パスタを茹でていきますか。
・・・6分後、

バタバタバタ、ガチャガチャガチャ!

要は、全部混ぜればいいのです。
卵が固まる前に。(笑)

とても、忙しいのです。
1分後、

1706誕生日 041

はい、完成。(笑)

それでは、

「いっただきま~す!」


まずは「カルボナーラ」から。

うん、普通に美味い。
ベーコンの塩味と、卵と生クリームの黄金コンビ。
この料理、なんかズルイ。(笑)


では次に、「ピッカータ」

おっ!
なんだ?

これは、大人の味! (笑)

結婚式?
ホテルのレストラン?
どこかで食べたことがあります。

一言では言い表せない、複雑な味なんです。(笑)

そう、決して不味くはない。
でも、庶民の味ではない。

そして、子ども向きではない。(笑)


「これ、大人の味だね。」
「そうだね。」

「子どもは好きじゃないよね。」
「そうだね、まだ分からないね。」

「みどりさんは、どう? 美味しい? 」
「うん、とっても美味しいよ。 え? なんで? 」

「大人だなあ~。」 (笑)


てな感じで、最後は子ども達と一緒に、

ハッピバースデー、ディア、マ~マ♪
ハッピバースデ~、チュ~、ユ~♪

1706誕生日 045

ロウソク、 ふ~ぅ!

また、来年。

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : カルボナーラ ピッカータ 大人の味 複雑な味 大人だなあ

ホームグラウンドで黒鯛チャレンジ  - どうしても釣りたくて -

ゴールデンウィークに坊主を連発したせいで、
満を持しての黒鯛チャレンジです。

6月上旬、潮回りは大潮、
場所は知多半島先端テトラ。
我がホームグラウンド。

安全パイを選びました。
なぜなら、

負けられない戦いがそこにある! (笑)


早朝 2:30起床。  ※ 寝坊しません。
釣り場到着 3:50  ※ 気合入ってます。
釣り開始 4:10  ※ 糸が見えません。

ファ~ン!

170611黒鯛チャレンジ 052

やや濁り。
釣れそうな感じあり。

前回ブログで生かしておいたイガイで丁寧に探ります。

1投目、2投目、3投目、
10投目、20投目、、、
100投目、、、

アタリなし。

いつものヤっちまった感が頭をよぎります。
ふっと、ブログ用の写真を消去している自分の姿が、、、(笑)

いかん、いかん!
まだ諦めてはいかんのだ!

自分を叱咤しながら、エサをカニに変えます。
これで釣れなかったら、今日の記憶を消去しよう。(笑)

1投目、2投目、3投目、
10投目、20投目、、、

モゾモゾ?

はっ!
もしや!? (※ この瞬間、0.2秒)

バシッッッ!!!

久々の鬼アワセ。

ピーンと張る糸、前後左右に逃げ回る魚体。
もたもたする私。(笑)

この感覚、久しぶり。
タモ入れまで無事に済んで、ふ~っと一息。

170611黒鯛チャレンジ 055

今年初
パチパチパチ

例年と同じ時期なのに、とてつもなく長かった。

来年は、6月スタートにします。(笑)

さてと、感傷に浸っている場合じゃありません。
早くしないと地合が去ってしまう。

1投目、2投目、3投目、
10投目、20投目、、、
100投目、、、

だあ~!

やっぱり居ないんじゃないの?

9時半まで粘りましたが、結局 この1匹だけ。
気になって海に手を突っ込んでみました。

冷た!
アカン、まだ海眠ってるわ。

さらにテトラの先まで降りてイガイ状況を観察してみたら、
例年ならイガイのツブがびっしりついているはずなのに、
欠片も見えない。

う~ん、キビシイ。

もしかしたら名古屋港の方が釣れているんじゃないの?
と思い、四日市 霞沖堤の渡船ブログを確認してみました。

「本日撃沈状況❗」

ヨシ! 安心した。
ほとんど釣れてない。(笑)


という訳で、釣果です。

170611黒鯛チャレンジ 057

ムラソイ 3匹。
黒鯛 1匹。

いつもの潮回り↓

170611黒鯛チャレンジ 05

大潮、曇り、やや濁り、満潮時間 6時頃、
釣り時間 5時間(4時半~9時半)でした。

お疲れ様でした。
いや、本当に疲れた。

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 今年初 海眠ってる キビシイ 疲れた

風と風邪と寝坊  - イガイ飼育器を作ってみました -

すみません、しばらく眠っていました。
久しぶりにブログを見たら、変な広告が出ていました。

このブログで解消します。(笑)


さて、ゴールデンウィークから約1ヶ月、

釣りに行こうと思っては、風邪を引き、
釣りに行こうと思っては、強風で仕切りなおし、
釣りに行こうと思っては、寝坊して落ち込む。

と、散々な1ヶ月を過ごしておりました。

実際、この1ヶ月の記憶が定かでありません。
何かしたような、何もしていないような、
う~ん、何をしてたんだ? (笑)

ブログのネタを探していたら出てきました。
洗濯機の横から。(笑)

その名も、「イガイ飼育器」

この1ヶ月間の唯一の成果です。

とは言っても、イガイの生存率は、
1週間で 70%くらい、2週間で 50%くらいなので、
あまり役に立つかどうかは分かりませんが、ご紹介します。

まず用意したのが、
100均で買ってきた同サイズの虫箱 3つ。
 ※ ちなみに、100円では買えません。
あとは、循環ポンプ、板、針金、パイプ、冷却ファンです。

まず、虫箱 2つの底に2~3mmくらいの穴を全体的にあけます。

1706イガイ飼育 020

こんな感じ。

右側の中心に 1センチくらいの穴が1つあいています。
その理由は後ほど。

さらに左側面に付いているのは、水温計です。

1706イガイ飼育 023
きんぎょの水温計 ブルー 水槽用

イガイは、水温29度以上で死んでしまうそうです。

今回、虫箱を3つ使って 3層の循環器を作ります。
一番下の箱は、穴を開けていない虫箱を使い、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 030
Aukru 小型 水中ポンプ

2層目は、穴のあいた虫箱にイガイを入れ、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 027

3層目までポンプの水を持ってくるようにすると、
こんな感じ↓

1706イガイ飼育 042

一番下の層に海水を貯め、ポンプで一番上の層まで汲み上げます。
一番上の層と、2番目の層の底に穴が開いているため、
そこを通って、海水が一番下まで落ちます。

イガイは2番目の層で飼育します。

1706イガイ飼育 038

ポンプに付けたパイプの先端に、板を針金で取り付けています。
これがないと、海水が箱の外へ溢れ出てしまいます。

そして、フタに冷却ファンを取り付けます。

1706イガイ飼育 043
テトラ クールファン CF-30 NEW

最後に人工海水を作って、

1706イガイ飼育 050
テトラ マリンソルトプロ 100L用

ポンプで循環させれば完成。

1706イガイ飼育 047

今回作ったイガイ飼育器の下に少し見えていますが、
カニも同じような方法で飼育しています。

こちらは、1週間に2回の水替えで何ヶ月も生きています。

で最初にも書きましたが、イガイ飼育器の成果は、
毎日の水替えで、1週間で 70%くらい、
2週間で 50%くらいの生存率です。

非常に難しいです。

一匹でも貝が死ぬと、海水が茶色く濁り、
それが理由で他の貝も死んでしまいます。

なので、
毎日の水替えは必須です。(涙)


イガイ飼育器を作り始めようとしたきっかけは、
釣具店で買ったイガイのダンゴが余ってしまい、
せめて1週間は生かそうと思ったのです。

ところがどっこい、
イガイってとっても繊細なんです。

え~、意外! ( ※ はい、オヤジです。)


温度に弱いし、呼吸はするし、海水の汚れに敏感だし、
色々、面倒くさいです。

という事を、実は解っていたんです。

何年か前に、イガイの飼育に失敗していますし。
冷蔵庫がエライことになりました。
(※ イガイって死ぬと臭いんです。涙)

まあ、今回の飼育器は、
1週間限定のイガイ生存機と言うところでしょうか。

という訳で、2週間生かしたイガイを連れて、
今週、黒鯛チャレンジに出掛けてきます。

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : イガイ 飼育機 一週間 限定 繊細 難しい

ところ変われば釣り方も違う  - 万全の備えで -

前回、釣れたキジハタのアラを煮付けにしたら、
今までに食べたどんな煮付けよりも美味しく、
「これは変だぞ!」 って、ネットで調べてみました。

そしたら、
めっちゃ高級魚じゃないですか!!

こんなことなら、
分厚く切った刺身の盛り合わせを
バクバクと子どもたちに食べさせるべきじゃなかった。

アホのように食べてましたから。(笑)


それにしても、無知は恐ろしい。

私なんて、
ずっとバケモノ扱いしてましたからねえ。(笑)

みどりさんなんか、

「その魚、毒あるんじゃないの?」

とか、ぶっこみましたもん。(笑)


さて話は変わって、
前回坊主をくらった霞沖堤過去ブログ)に
リベンジしに行ってきました。

前回、初めて行った場所ということもあり、
どんな落とし込みをしたらよいのか分かりませんでした。

なので、私の得意なテトラスタイルと、
定番のヘチスタイルで臨んだのです。

1705黒鯛チャレンジ1 004

勝手に名前を付けていますが、
テトラスタイルとは、仕掛けが底まで届く糸を先に出しておき、
ギリギリまで軽いオモリを使って、
自分の腕で落とし込むやり方です。

なので、竿は5.2メートルの落とし込み竿を持っていきました。
たとえ堤防が高くても、大丈夫だろうと考えたんです。


次に、ヘチスタイルとは、
短めのヘチ専用ロッドを使い、エサとオモリ自重で、
タイコリールから自動的に糸が出ていくやり方です。

このヘチスタイル、水深が深い場合に威力を発揮します。
しかも、腕を上げ下げする必要がないから、
身体への負担が軽減できます。(笑)

最近、このヘチスタイルをする人が多いです。
私もたまにやります。

楽だから。(笑)

という訳で、
2.4メートルのヘチ竿も準備して行きました。

1705黒鯛チャレンジ3 002
プロマリン 極仙ヘチ DX 240 ← ※ もう売ってません。

で、前回の釣行結果は、過去ブログ参照。

(※ 結果を書くと、縁起が悪い。)

アタリはあったのに、とらえきれませんでした。
理由は簡単。

5.2mの落とし込み竿だと、
水深が7メートルと深くて底がとりにくい上、
途中から肩がパンパンで腕がぷるぷる震えてしまう。

逆に2.4mのヘチ竿だと、海面までの距離が5.5メートルあるため、
風が強くなった時に糸ふけが多く出過ぎてしまい、
アタリが分からない。

いい方法はないものか?

ということで、
両方の良いところ取りをしてみました。
これ↓

1705黒鯛チャレンジ3 009
プロマリン 海将落とし込み黒鯛 390

と、これ↓

1705黒鯛チャレンジ3 010
過去ブログ参照 Uガイド→○ガイド)

3.9mのヘチ竿。(笑)

3メートル以上のヘチ竿って、売ってないんですよね。
だから、3.9mの落とし込み竿を買ってきて、
自作した穂先に付け替えました。

これで、準備万端です。
行きますか、リベンジに。

1705黒鯛チャレンジ3 003

2回目となると、もはや庭同然。(笑)
あっという間に仕掛けを作り、5時半スタート。
ファ~ン。

...30分経過、

....1時間経過、

お、コリッ?

1705黒鯛チャレンジ3 004

これ?

.....2時間経過、

......3時間経過、


だあああああああああああああ!


居ないやんけ!


3.9mのヘチ竿、意味ないやん!


結局、最後の1時間は、ケーソンの隙間の根魚を狙って、

1705黒鯛チャレンジ3 006

坊主逃れ。(涙)

小潮、くもり、濁りあり、満潮時間 12時頃、
釣り時間 5時間(5時半~10時半)でした。


最後に、

竿は完璧でした。
腕も最高でした。



ほかに必要なものは、、、


何でしたっけ? (笑)



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 煮付け キジハタ 高級魚 霞沖堤 リベンジ 3.9mのヘチ竿 意味ない

ゴールデンウィークの黒鯛チャレンジ  - 大物と書いて -

ゴールデンウィークなのに、家族サービスそっちのけで
黒鯛狙いに出かけます。

ゴールデンウィーク中に黒鯛を1匹釣るという、
意味のない目標を掲げてしまったせいです。(笑)

本日の潮回りは、小潮。
満潮時刻は、10時45分頃。
場所は、初めて行く名古屋港石畳。

早朝 3時起床。
4時半に釣り場到着。

そこから30分程歩き、5時に釣りスタート。
ファ~ン。

1705黒鯛チャレンジ2 004

さて、今日こそ黒鯛が釣れますか?

落とし込んで数投目、ムラソイが立て続けに2匹。

「君達じゃないんだよ。」

と、ブツブツつぶやきながら、さらに探っていると、
底に着いた瞬間、何か違和感。

(きた!)

バシッ!!っと鬼アワセ。

振り上げた竿がビシッと止まり、
念願の黒鯛のアタリ。

ところが引きが半端ない。
未だかつて無い程の引き込みです。

新調した超硬調のブラックジャックスナイパー(過去ブログ)が、
あり得ないくらいに曲がり、
穂先が海面の中に突っ込んじゃってます。

うわああああああ!
これは、絶対に年無しじゃあああ!!


喜んでいる余裕など全くありません。
ただ、ただ必死。

5分くらい格闘して、やっと黒鯛の顔が拝めると思った瞬間、
なんじゃこりゃ!

1705黒鯛チャレンジ2 005

バケモノやんけ!! (笑)

あとでサイズを測ったら、ぴったり50センチでした。

ある意味、年無し。(笑)


黒鯛を狙って、バケモノが釣れました。(笑)
その時は魚の名前がわからず、ずっとバケモノ扱い。

家に帰って調べてみたら、キジハタでした。
もちろん、釣ったのは初めてです。

気を取り直して黒鯛を狙います。
しばらく探っていると、コツンというアタリ。
淡い期待とは裏腹に、

1705黒鯛チャレンジ2 008

30センチ弱のフグ。(笑)

こちらも黒鯛と勘違いしたほど、強烈な引きでした。

なんでやねん! (涙)


そうこうしている内に、肩が痛くなってやむなく終了。
結局、黒鯛は釣れませんでした。

世に言う、空振りってヤツです。

という訳で、釣果です↓

1705黒鯛チャレンジ2 019

キジハタ (50センチ) 1匹。 (バケモノ)

1705黒鯛チャレンジ2 026

いつもの根魚(15~20センチ) 5匹。

(※ すみません、さばく前に写真を撮り忘れました。)

で、2時間ちかくかかって、魚をさばきました。
キジハタの骨が硬過ぎた。

1705黒鯛チャレンジ2 028

左側のピンク色が、根魚(ムラソイとカサゴ)。
白い方が、キジハタの刺身です。

わざわざ根魚まで刺身にしたのは、
食べ比べがしたかったのです。

【食べ比べした感想】

どちらも美味過ぎる。(笑)

どちらも淡白なんですが、
噛み締めるほどにくせの無い甘みがあり、
食感は、ぷりっぷりっ。

若干ですが、キジハタの方が味が濃い。
食感は、キジハタの方が少しザラつく感じです。

で、家族の感想を聞くと、
妻 みどりさん、長男坊、次男坊は、キジハタが好き。
私は、根魚。
三男坊は、どっちも同じ。(醤油のつけ過ぎ)

という訳で、
キジハタの勝ち。 (笑)

みどりさん曰く、
「同じ魚、同じサイズでもう1匹釣ってきて

「100% 無理です!」

あくまで、黒鯛狙いです。(笑)
ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : バケモノ キジハタ ある意味 年無し 食べ比べ 美味過ぎる