初めてのファミリーもんじゃ  - 関西人のプライド? -

もんじゃ焼きという食べ物があります。

関東の人は、もちろんご存知でしょう。
中部の人は、食べたことがあるような、ないような。
関西の人は、知っている。でも食べたことはない。(※)

私、中部の人。
妻みどりさんは、元関西の人。

みどりさん、今まで一度ももんじゃ焼きを食べたことがありません。
みどりさん曰く、

「関西でもんじゃ焼きのお店、見たことないもん。」
「お父さんが、食べもんじゃないもんって言ったもん。(※)」
「だって、お好み焼きが一番だもん。」

はい。
関西人の郷土愛がわかりました。(笑)

他の人はどうかわかりませんが、
関西人にもんじゃ焼きの話しをする時は、
東京への対抗心が沸き出てくるため、少し注意が必要です。(笑)


私は一度だけ、友達に連れられて浅草で食べたことがあります。
もう20年近く前のことなので、
どんな味だったのか全く覚えていません。

ただ唯一覚えているのは、丸い穴に汁を流し込んだことと、
思った以上に美味しかったこと。

久しぶりに食べてみますか?

みどりさんの反応も知りたいし。(笑)


まずは下準備。

まず始めに、

「みどりさん、もんじゃ焼き食べてみたくない?」
「えぇぇ? 作り方知らないよ。」

「もんじゃ焼きのレシピ、ネットに載ってるよ。」
「でもあれがないじゃん、コテの小さいの。」

「100均で売ってるよ。」
「本当?」

「行ってきまーす!」

1709もんじゃ 002

どうだ!

これで文句はないやろ。(笑)

「木じゃないの? プレート、傷つかない?」
「・・・ (おいらの心が傷つくわ!)」

「じゃ、作ろうか。」
「え?」

てな感じで、元関西人のプライドをやんわりかわしつつ、
もんじゃ焼きを作っていきます。

レシピをネットで検索したら、
汁の材料は、小麦粉とだし汁、ウスターソースだけ。(本当?)

1709もんじゃ 009

小麦粉にだし汁を加え、ウスターソースを入れて混ぜる。

1709もんじゃ 016

在りもの。

1709もんじゃ 015

簡単すぎない?(笑)


基本の具材は、キャベツとネギ。
みじん切りにしておきます。

1709もんじゃ 004

さて、ここからが悩みどころ。
何をトッピングにしたらよいのか分からないのです。

以前自分が食べたもんじゃ焼きのことは、
まったく思い出せないのです。(涙)

という訳で、いろいろそろえてみました。

1709もんじゃ 018

エビ、ウインナー、切り餅、コーン、明太子、ひき肉、キムチ。


どうする、組み合わせ?(笑)


まずは、基本の分量(キャベツ100g、汁250cc)を取り分け、
家族みんなの要望を聞き入れたら、
初トッピングは、エビ、コーン、明太子、切り餅に決定しました。

1709もんじゃ 019

プレートに油をひき、200℃で熱します。

1709もんじゃ 021

プレートが温まったら、汁を残し、具材だけをプレートに乗せます。

1709もんじゃ 022

具材をプレートに広げて火を通します。

1709もんじゃ 033

具材に火が通ったら、具材を中央に寄せ、
真ん中に穴を作って残りの汁を入れます。

1709もんじゃ 034

大抵、初めては関所が決壊しますね。(笑)

浅草で食べた時のことを思い出しました。
同じことやってます。(笑)

汁がグツグツしたら、具材と混ぜ合わせ、完成。

1709もんじゃ 035

小ベラですくって、元関西人みどりさん一口。

・・・
・・


微妙な顔。(笑)

(み) 「こういうもん?」
(私) 「たぶん、そうだね。」

(み) 「トッピング、間違えた?」
(私) 「コーンがいらなかったかな。」

(み) 「・・・ (???///$$$) 」
(私) 「だんだん美味しくなるね。」

(み) 「う~ん。」

と言いつつ、食べ続ける。

なぜなんだ? (笑)


次のトッピングは、ひき肉、ウインナー、切り餅、キムチ。

ひき肉を炒め、

1709もんじゃ 036

具材をプレートに追加して火を通します。

1709もんじゃ 039

火が通ったら、中央に寄せます。

1709もんじゃ 041

穴を開け、

1709もんじゃ 043

汁を流し込みます。

1709もんじゃ 044

関所を破壊しないようにそっと。

1709もんじゃ 046

上手くなっている! (笑)

汁がグツグツしてきたら混ぜ合わせて、完成。

1709もんじゃ 050

あっ、うまっ!

みどりさん、無言。
でも食べ続ける。(笑)

(私)    「どう、美味しい?」

(長男)  「おいひぃー。」
(次男)  「うん。」
(三男)  「おいしぃ。」

(み)   「・・・」


どうした? (笑)


見た目も味も、お好み焼きとは別物です。

お好み焼きはどちらかと言うと、ソースの味がメイン。
もんじゃ焼きは、具材の味がメイン。

はっきりとした味のお好み焼きと、
味がぐらつくもんじゃ焼きでは、
そもそも美味しさのポイントが違う。

元関西人のみどりさんは、
はっきりとした味の思い入れが邪魔をして、
最後まで、「うまい」 と発しませんでした。(笑)

次回は、友人オッサン(大阪 倍野区 出身)にやってみます。


ちなみに、もんじゃ焼きにはビールが一番です。

1709もんじゃ 065

一番搾り。(笑)

ではでは。



← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 関西 もんじゃ焼き 東京 対抗心 うまい ぐらつく 一番絞り

猫じゃらしで  - 息子じゃらし -

久々ですが、三男坊とお散歩。
最近、散歩に付き合ってくれないのです。(涙)

「三ちゃん、散歩いこ。」
「行かない。」

「なんでぇ~行こうよ。」
「暑いから行かない。」

「夕方なら涼しいよ。」
「じゃあ、ウルトラマンの色塗ってくれたら行く。」

(コイツめ、いつの間に交換条件を覚えたんだ?)

仕方なく、
ウルトラマン人形の色剥げを塗り直しました。(笑)

「さあ、行こうか?」

1708休 001

一旦外に出てしまえば、暑さなんて関係ないんです。

1708休 002

一目散に走り出す。(笑)

1708休 003

その子どもを40代のおっさんが追い抜く。(笑)

途中、ふっと白い花が目に留まる。

1708休 004

さて、何て名前の花でしょうか?

1708休 005

正解は、ユリ。

ただしユリ科の仲間は非常に多く、正直よく分かりません。(涙)

1708休 007 (2)

草丈 1メートルくらい、葉っぱは細い。
咲いている時期は8月中旬。
道端に咲いている。

これらの情報で検索すると、おそらく

「タカサゴユリ」 だと思います。

まあ、あまり深く入り込まず、先に進みましょう。(笑)


いつもの神社で、

1708休 009

手を清め、

1708休 010

鈴を鳴らしてお参り。


いい物見つけた↓

1708休 020

猫じゃらし。

これがあれば、こんな風に↓

1708休 017

息子に近づいて、

1708休 016

首のうしろをくすぐれば、

1708休 018

息子じゃらし。(笑)


帰り道、坂の上から見えた大きな入道雲↓

1708休 014

帰ってラピュタを見ました。(笑)

定番ですね。

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : ユリ タカサゴユリ 猫じゃらし 息子じゃらし 入道雲 ラピュタ

夏の思い出をぎゅっと  - 半日で -

家族との思い出を作るには最高の季節、

それは、夏!

だけど、この時期に釣れる魚、

それは、黒鯛!


私ばかり楽しんでいては心苦しいので、
家族と一緒に夏の思い出作りに出掛けてきました。

まずは、海。

1708休 030

もうお盆も過ぎてしまったんですが、
今年の海は遅いので、クラゲなんて居ないんです。

それは、私が一番よく知っています。(笑)

常滑市 大野海岸
1708休 034

オッサンと泳いだ時は冷たかったんですが、
たった一週間でぬるま湯に変わっていました。

それが気持ちよくて海に浸かっていたら、

1708休 081

私の屁が爆発しました。(笑)

たっぷり2時間。

まだ物足りなさそうでしたが、海水浴は前菜なんです。

1708休 041

さて、お次は?

私のメインディッシュ、もちろん釣りです。(笑)

1708休 044

今回はちゃんとコマセを用意して行ったんですけど、
なかなか魚が寄ってくれず、これだけ↓

1708休 077

釣りの最中、次男坊の竿に巨ボラが食いつき、
無言で格闘していたのが唯一の成果です。

結局バラしてしまったんですが、
夏の儚(はかな)い思い出です。(笑)


それでは次に行きますか。

夏の夜のデザートと言えば、
もちろん 花火!

1708休 051

この非日常感、
なんか、感動しちゃうんですよね。

1708休 082

ビール片手にずっと見ていたい。(笑)

という訳で、たっぷり夏を満喫し、
ヘトヘトの身体にムチ打って、サッパをさばきました。

1708休 080

サッパの酢漬け。

2日後、夕食開始10分で無くなりました。(涙)

夏は思い出は儚い。(笑) 


ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 釣り 儚い 思い出 花火 サッパ 酢漬け

お盆休みの黒鯛チャレンジ #2  - なんとか 3匹目 -

戻ってきました、我がホームグランド。
そこは、知多半島先端テトラ。

1708休 082

そろそろ海水温も高くなっていることでしょう。
やっぱり慣れた場所が一番。
黒ちゃん、よろしくお願いします。

ということで、
お盆休み最後の黒鯛チャレンジをホームグラウンドで迎えました。

時期: 8月中旬
潮回り: 大潮
満潮時間: 4時頃
天候: 晴れ
海色: やや濁り
風: 無し

さあ、落とし込んでいきますか。
少し明るくなり始めた早朝 4時50分スタート。
ファ~ン。

エサは定番のカニ。
落とし込んで数投目。

あれ?
根がかり?

一応、アワセておくか?

軽く、ビシッと!

あれ?
やっぱり根がかり?

と思った瞬間、ぐりぐりぐり~。


おおおお!

急に動くなや!

びっくりするやんけ!!
(笑)


今年は散々苦労しているので、
一度捕まえてしまえばこっちのもんです。

おおおお、ほい、ほい。

黒ちゃん、ナイス、ファイト!

1708休 084

なんとか今年 3匹目。

ありがたいなあ~。(笑)


それから4時間、

エサをカニからダンゴへ。
ダンゴからツブへ。
ツブからカニへ。

一度もアタリなし。

ダメだこりゃ。(涙)


記念撮影でもして帰ろうっと。

1708休 086

穏やかな いい海だ。(笑)


と思いつつ、
今年はもう二度と来ないぞ!

と、心に誓ったのでありました。


という訳で釣果です。

1708休 088

黒鯛 42センチ 1匹

1708休 099

前回ブログと同じ釣果(1匹)ですが、
通い慣れた場所だけに、落ち込み感は倍以上あります。


これこそ、真の落ち込み師!


自宅に帰り、魚を3枚におろしている時に、
胃袋の中を調べてみました。

出てきたのは、カニの甲羅、カキの欠片、
入れ歯のような白い輪っか。

イガイの欠片が一片もない。

やっぱりね。
と、思わず納得。(笑)

このくだり、今年に入って何回やっただろう。
人間、諦めが大切です。

フラれたら、さっさと次に行きましょう。


貴重な黒ちゃんは、前回と同じく漬けで頂きました。

1708休 090

うまし!

また釣りたい。

ではでは。




← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : フォト日記 - ジャンル : ブログ

tag : 黒ちゃん 落ち込み感 落ち込み師 フラれたら さっさと次に 行きましょう

お盆休みの黒鯛チャレンジ  - ようやく 2匹目 -

今年、黒鯛チャレンジは大不況です。
まったく釣れない。

そもそも居るの?って感じでしたが、
居るところには居る。

最近、ようやく解りました。


4月後半から始めた黒鯛チャレンジ、
知多半島先端にある外湾テトラに何度か足を運びました。

私のホームグラウンドですから。

しかし坊主の連続。
理由は簡単、今年はイガイが蒸発しちゃったんです。(笑)
いや、ほんとに。

おかげで黒鯛がまったく寄り付かない。

私もついにホームグラウンドから離れました。
新たなホームグラウンドを探して。


釣り場を色々まわって気付きました。

居るところには居る。

特に名古屋港の汚い には居る。
外湾の場所よりも海水温が高めなので、
なぜかこの時期(8月)にイガイがびっしり。

色々な釣り場に様子を伺いに行くと、
ベテラン釣り師が口をそろえて教えてくれます。

「今年は黒鯛釣れないよ。」
「今年の海は1ヶ月遅れているよ。」
「黒鯛はどこに行っちゃったんだろうねえ。」 などなど。

私はゴールデンウィーク中に解っていました。
解っていたのに、釣れなかった。(涙)


慣れない場所は、釣り方もエサも違う。
同じ落とし込みなのに、緊張感が違う。


前置きが長くなりましたが、行ってきました。
このブログを書いているということは、
釣れたということです。(笑)

汚い 名古屋港 石畳。

170801黒鯛チャレンジ097

今年に入ってから5回くらい来ています。
黒鯛が泳いでいる姿を何度も見かけたんですが、
1匹も釣れなかったのです。

「見える黒鯛は釣れない。」

落し込み師がよく使う言葉ですが、
ちょっと違うと思う。
以前、見える黒鯛を釣りましたし。(笑)


「泳いでいる黒鯛は釣れない。」

たぶん、こちらが正解。

石畳の海面から5m以上うしろに下がり、
自然に落としていくイガイを横を
まったく見向きもせずにすり抜けていく黒鯛を見ると、

キィーーーッ!ってなります。


そして釣り場が変われば、新たな発見も多い。

・ 潮止まりの時間帯に黒鯛は泳ぐ
・ カニ、イガイのツブには反応しないのに、ダンゴに反応
・ 潮の流れに合わせて落さないと、食ってくれない
・ 人の気配に気付くとさっさと逃げる

テトラで黒鯛を狙うより、かなり難しいです。

緊張の連続です。(笑)


本日の潮回りは若潮。
干潮時刻は、8時頃です。
天候は曇り。

早朝 4:30スタート。
ファ~ン。

5.3mの竿をいっぱいに使い、
気配を消しながら落とし込んでいきます。

エサはイガイのツブ。
たった1時間の間に2回も
黒鯛がイガイの横を通り抜けていきます。

キィーーーーッ!!

エサをカニに変更。
さらに2回、黒鯛が素通り。

キィーーーーッ!!!

エサをイガイのダンゴに変更。
2時間後、流し込んだ仕掛けがスーっと引き込みました。

きた!

居た!

バシッ!!と鬼アワセ。


うおおおおおお!


強い引き。
久々だもんで、モタモタする私。

なかなかタモの中に納まってくれません。
さらにモタモタする私。

やばいよ、やばいよ! (笑)

なんとかバラさずに済んで、
ようやく今年 2匹目の黒鯛です。

170801黒鯛チャレンジ 094

はあ~。
ほっと一息。

このあと、もう1回アタリがありましたが、
針ハズレでジ・エンド。

という訳で、釣果です。

170801黒鯛チャレンジ 101

黒鯛 42センチ 1匹

※ まな板が大きくなったため、はみチンじゃなくなりました。(過去ブログ 笑)

170801黒鯛チャレンジ 001


久々の黒鯛は、漬けにして頂きました。(過去ブログ

170801黒鯛チャレンジ 104

また釣りたい。

ではでは。


← クスッと笑ってしまったら、ポチッとお願いします。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

tag : 大不況 汚い 居る 泳いでいる黒鯛は釣れない